Record China

ヘッドライン:

米国ラーメン通が選ぶ、台湾の即席麺ベスト10=「満漢全席のごちそう」「イメージを覆す傑作」

配信日時:2013年10月4日(金) 14時53分
拡大
1/10枚
2013年10月4日、有名なラーメン通で、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営する米国人のハンス・リーネッシュさんが、このほど「2013年台湾即席麺TOP10」を発表した。

その他の写真

リーネッシュさんによると、今年の初めごろ、彼がレビューした「2013年即席麺TOP10」に台湾勢がランクインしなかったことに対して、台湾から失望や不満の声が上がった。そのため、今回は特別に「2013年台湾即席麺TOP10」リストを作成。今まで試食してきた台湾即席麺の中からベスト10を選出した。

第10位:五木牛肉味麺

数年前に食べたことがあり、いまだに忘れられない。コシのある麺と奥深い牛肉スープが絶妙にマッチしている。

第9位:五木サンラートマト麺

ごま油の香りが効いたサンラートマト麺。素材同士がぶつかり合うことなく、絶妙なバランスを保っている。

第8位:味王麻油鶏糸麺

パッケージの表示通り、ゴマ油の香りが効いたチキン風味の即席麺。しょうがの風味が味のアクセントになっている。

第7位:維力ジャージャン麺

即席のジャージャン麺は見慣れないが、その意外さが麺の風味を増しているかも。元気のいい麺と豆板醤、味噌味のペースト、素晴らしい組み合わせである。

第6位:外省幹麺

麺にコシがあって歯ごたえがとてもいい。味に飾り気がなく、飽きがこない。シンプルな力作とも言える。

第5位:DesHomeアロエ麺(ゴマ風味)

アロエ食品メーカーが作り出したノンフライの即席麺。天日で干した太麺は、新鮮で食感がとても素晴らしい。赤玉ねぎの甘さと、ごま油の香りがマッチしている。

第4位:大甲幹麺

目を見張るほどの注目作。弾力のある麺と甘くて風味豊かな豚肉エキスとのハーモニー、まさに天下一品。

第3位:満漢大餐

程よい弾力が残る細麺。風味豊かでスパイスが効いたスープ、さらにウナギまで入っている。リッチでまさに“満漢全席”のようなごちそうである。

第2位:DesHomeアロエ麺(バジル風味)

マリナーラを連想させるバジル風味。材料はシンプルだが完成度の高さは侮れない。まさに「シンプル・イズ・ザ・ベスト」の代表作である。ブラボー!

第1位:阿舎QQ麺線(BQQ風味)

極細麺に、醤油、ニンニク、その他の薬味をベースにしたバーベキューソースがよく合う。盛り付けると、幸福感すら漂う。米国のバーベキューソースのイメージを覆す傑作である。(編集/内山

関連記事

米国のラーメン通、日・中・韓の即席麺を斬る<後編>「食糧問題にも関わる日本の偉大な発明」

3日、米国人でありながら有名なラーメン通であり、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営するハンス・リーネッシュさんが、レコードチャイナ編集部の取材に答え、アジア各国のインスタント麺に対する評価や思い入れを語ってくれた。

Record China
2013年9月3日 22時0分
続きを読む

米国のラーメン通、日・中・韓の即席麺を斬る<前編>「欧米人には韓国のものがイチバン」

3日、米国人でありながら有名なラーメン通であり、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営するハンス・リーネッシュさんが、レコードチャイナ編集部の取材に答え、アジア各国のインスタント麺に対する評価や思い入れを語ってくれた。

Record China
2013年9月3日 21時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング