Record China

ヘッドライン:

日本の浮世絵「富岳三十六景」展、湖北で初の開催―中国

配信日時:2020年1月18日(土) 10時40分
拡大
湖北省武漢にある湖北省博物館の主催による「富岳三十六景--浮世絵特別天」が15日から開幕した。
(1/6枚)

湖北省武漢にある湖北省博物館の主催による「富岳三十六景--浮世絵特別天」が15日から開幕し、葛飾北斎が描いた「神奈川沖浪裏」など46作品によって、江戸時代のさまざまな庶民生活の様子が再現され、来場者は日本の文化・芸術の特徴を目にした。

その他の写真

今回の展示作品は、1919年から1971年までに日本の伝統技術によって制作された版画となっている。新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

1つのものにこだわる日本人は愚か?それとも匠の精神?中国ネットは「日本人のことを高く評価したい」「この種の匠の精神は尊敬に値する」と高評価

23日、中国のポータルサイト・今日頭条が、「日本人は愚かなのか」と題する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年7月24日 19時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング