Record China

ヘッドライン:

アカデミー賞エントリー作品「海獣の子供」が中国で2月14日に封切りへ―中国メディア

配信日時:2020年1月17日(金) 9時10分
拡大
日本のアニメーション映画「海獣の子供」が、バレンタインデーの2月14日に中国で公開されることが明らかになった。
(1/2枚)

日本のアニメーション映画「海獣の子供」が、バレンタインデーの2月14日に中国で公開されることが明らかになった。五十嵐大介による、日本で大人気の同名漫画を原作としている。同漫画は、中国のコミュニティーサイト・豆瓣のレビューでも9ポイント以上の「神漫画」となっている。これまで中国で数多くのファンを獲得してきた映画「リトル・フォレスト」シリーズも、五十嵐大介の漫画を原作としている。人気を博し、口コミ評価も高い「海獣の子供」を原作とした映画は、日本でも公開前に大きな注目を集め、昨年6月に公開されると、その期待を裏切らない出来映えに対し大きな反響があった。また、第92回アカデミー賞の長編アニメ映画部門にエントリーされていることも注目に値し、そのクオリティーが高いことに間違いはないだろう。北京青年網が伝えた。

その他の写真

現在見ることができる動画や画像などの資料を見ると、「海獣の子供」は、極めてハイクオリティーな映像化を実現しており、エメラルドグリーンの海、躍動する少年、生き生きとした海洋生物など、どのシーンでも夏のロマンチックなムードに浸ることができそうだ。

「海獣の子供」の田中栄子プロデューサーは以前スタジオジブリに在籍し、「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」などの名作アニメーション映画のラインプロデューサーを務めた。その後、アニメーション製作会社・STUDIO4℃を創設し、同社はこれまでに、「MEMORIES」などの名作を手掛け、昨年は「海獣の子供」をリリースした。同作品の渡辺歩監督の実力も無視できない。同監督は1998年から「ドラえもん」の原画・作画監督を務め、テレビシリーズでも演出や作画監督を担当するなど、作品の舞台裏で日本だけでなく中国の人々にとっても麗しい子供の頃の記憶となっている作品を生み出してきた。今回の「海獣の子供」ではさらにその能力を最大限発揮して、見る人に斬新な物語を届けている。

声優陣を見ると、映画「告白」に出演し、2010年には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した人気子役の芦田愛菜がヒロインの安海琉花の声を担当。また、女優の蒼井優も琉花の母親の声を担当するなど、豪華メンバーとなっており、キャラクターを立体的に描き出すことに貢献している。そして、さらに特筆すべきなのが、アジア中で有名な映画音楽の巨匠・久石譲が音楽を手掛けた点だ。「千と千尋の神隠し」や「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」など名作アニメーション映画のほか、「さらば復讐の狼たちよ」(原題:譲子弾飛)、「菊次郎の夏」、「HANA-BI」といった名作映画などに、久石譲は音楽を通して命を吹き込んできた。「海獣の子供」でも、その音楽によって海は深みを増し、海獣はエネルギッシュになり、空はいっそうスケールの大きな存在になっている。久石譲が音楽を担当しているということを考えただけでも、同作品への期待が高まる。

また、主題歌の「海の幽霊」は、超人気歌手・米津玄師が歌い、そのしなやかで流れるような独特の音楽スタイルは、映画ともぴったりマッチしている。米津が主題歌を歌ったことが、この映画のポイントをさらに高くしている。

同作品が2月14日に公開されることが発表されると、多くのネットユーザーは、「『君の名は。』以降、最も期待度が高い日本のアニメーション映画だ」との声を寄せ、多くの人がいち早く観ようと首を長くしてその公開を待っている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング