Record China

ヘッドライン:

日本は大損失?“韓国産”シャインマスカットが中華圏で大人気

配信日時:2019年12月18日(水) 20時10分
拡大
17日、韓国・聯合ニュースTVは、韓国産のシャインマスカットが中華圏で人気を集めていると伝えた。中国で販売されたシャインマスカット

2019年12月17日、韓国・聯合ニュースTVは、韓国産のシャインマスカットが中華圏で人気を集めていると伝えた。

記事によると、シャインマスカットは韓国内では1房15000ウォン(約1400円)ほどと高めだが人気があり、大型スーパーでの今年の売り上げは昨年同期間の2.5倍に達した。また、今年1~11月の韓国産ブドウの輸出額は前年同期比30%増の1800万ドル(約19億7000万円)以上で、すでに昨年通年の輸出額を超えている。輸出額の6割がシャインマスカットと推定され、特に昨年の2倍近くに急増した対中国輸出は、金額ベースで9割がシャインマスカットだという。中国では1房10万ウォンの値がつくが「飛ぶように売れている」と、記事は伝えている。

シャインマスカットは1988年に日本で開発された品種だが、当時韓国で品種登録がされなかったため、ロイヤルティーはないという。韓国農水産食品流通公社の関係者は「韓国産は日本産に比べ価格が少し安く、中国産に比べると品質管理などが優秀なため海外で好評だ」と話している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「済州(チェジュ)のハルラボンは日本のデコポン。イチゴは日本のレッドパールに章姫。それに青リンゴも。ブドウも日本の品種だったなんて…」「白イチゴ、種無しブドウなんかも、全部日本が開発したものだ」「われわれが食べてるお米も日本のものだよ」「不買運動だ何だと騒ぎながら、食べてる果物はみんな日本産か(笑)」など、韓国内で栽培されている果物の多くがもともと日本のものであることを指摘するコメントが相次いでいる。

その上で、「日本は果物の開発にも力を入れてるんだな」「日本の技術の良さは認めないとね」と日本を評価する声や、「不買運動している人たち、日本のものを食べてていいの?(笑)」「ノージャパンと叫ぶなら、ブドウの苗も使うべきではないのでは?」と不買運動に言及する声も多く寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング