Record China

ヘッドライン:

成都と貴陽を結ぶ成貴高速鉄道が全線開通 最速で2時間58分に

配信日時:2019年12月17日(火) 20時50分
拡大
高速列車C6041号が16日早朝、成都東駅をゆっくりと出発した。
(1/3枚)

高速列車C6041号が16日早朝、成都東駅をゆっくりと出発した。これにより、成都と貴陽を結ぶ成貴高速鉄道が全線開通し、営業をスタートした。成都-貴陽間の所要時間は、最速で2時間58分にまで短縮された。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

成貴高速鉄道は、四川省成都市を始点とし、眉山市、楽山市、宜賓市、雲南省昭通市威信県、鎮雄県、そして貴州省畢節市を経由して貴陽市に達する。全長は648キロメートル、設計時速は250キロメートル。このうち成都-楽山区間は2014年末に、楽山-宜賓区間は2019年6月に、それぞれ開通・営業しており、16日には、全長372キロメートルに及ぶ宜賓-貴陽区間が開通した。

成貴高速鉄道は、中国「八縦八横」高速鉄道ネットワーク蘭州(西寧)-広州ルートの重要な構成部分となっている。同路線は、西安と成都を結ぶ西成高速鉄道、成都と重慶を結ぶ成渝高速鉄道と成都で接続し、貴陽と広州を結ぶ貴広高速鉄道、上海と昆明を結ぶ滬昆高速鉄道と貴陽で接続し、沿線にある川南宜賓、雲南北昭通、黔西畢節の各地は、「高速鉄道なし」の歴史にピリオドが打たれ、成都と貴陽という西南部の二大旅客輸送の中心において高速鉄道による相互接続が実現した。

畢節に住む王雷さんは、畢節駅で貴陽行き高速鉄道の一番列車に乗り込み、「畢節に高速鉄道がやって来るのはかなり遅かったが、市民はみな、高速鉄道の開通は必然だと信じて、待ち続けていた。これまでは、畢節から貴陽まで車で3時間近くかかっていたが、高速鉄道ができて1時間ほどで行けるようになった」と嬉しそうに話した。

成貴高速鉄道は、四川盆地から雲貴高原に登る必要があり、一部区域の傾斜角度は25‰から30‰に達していた。しかも、沿線には、石炭地層やガス地帯、溶岩地帯、地震断層、接触変成帯があり、工事の難度は極めて高かった。このため、同高速鉄道は、「山岳地帯を走破する世界初の高速鉄道」と称されている。(編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング