【CRI時評】安定成長を保つ中国経済は予想目標達成の条件を持つ

CRI online    2019年12月16日(月) 20時55分

拡大

 中国国家統計局が16日に発表したデータは、11月の国民経済の運営に前向きな変化が現れ、主要な経済指標が予想を上回り、国民経済は安定しつつ発展する状態を維持しており、中国経済に強靭な弾力性、潜在力と転換の余地があることを表している。これは、中国に年間の予想成長目標を達成する基盤と...

(1 / 2 枚)

 中国国家統計局が16日に発表したデータは、11月の国民経済の運営に前向きな変化が現れ、主要な経済指標が予想を上回り、国民経済は安定しつつ発展する状態を維持しており、中国経済に強靭な弾力性、潜在力と転換の余地があることを表している。これは、中国に年間の予想成長目標を達成する基盤と条件があることを示し、中国経済が安定を保ちながら改善され、長期的に好転する基本的な趨勢に変化がないことを十分に示している。

その他の写真

 現状、世界経済の成長が鈍化し、国内経済が構造転換とレベルアップを遂げようとしている中で、中国経済がこのような好ましい答えを出せたことは、中国が擁する超大な規模の市場優位性と国内需要の潜在力、そして膨大な人的資本と人材資源に拠るものであり、さらには中国政府が安定したマクロ政策と臨機応変なミクロ政策を協調的に運営し、その効果が正に徐々に現れつつあることに拠るものだ。

 中国は今後、依然として、安定を前面に押し出し、安定を保ちつつ成長を促し、改革開放を動力として自身の質の高い発展を推進すると同時に、引き続き世界経済の成長の力として貢献し続けていくことを堅持する。(CRI論説員)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携