Record China

ヘッドライン:

中国でドイツ語を教えた私、「西側メディアの偏見を認識」―独メディア

配信日時:2019年12月15日(日) 23時30分
拡大
中国紙・環球時報は13日、独メディアに、「私は中国中部でドイツ語を教えた」と題する文章が掲載されたと報じた。写真は武漢市。

中国紙・環球時報は13日、独メディアに、「私は中国中部でドイツ語を教えた」と題する文章が掲載されたと報じた。以下はその概要。

私は以前から異文化に触れるのが大好きだった。そこで、独政府のドイツ語教師アジア派遣プログラムに参加。ウズベキスタンにも行けたが、中国にはもっと古くて豊富な文化がある。それに10億人以上が使う中国語の勉強も意義あることだ。私はドイツ語教師として中国に向かうことにした。

私がドイツ語を教えたのは中国中部の街・武漢にある外国語学校だ。到着後、私はすぐに中国語教師に中国語の指導を依頼した。欧州人にとって中国語の勉強は難しいが、6年後の私は約2000もの漢字をマスターし、中国人と簡単な対話ができるようになった。

印象深いのは中国人の特別な心理状態だ。ドイツの学校では「個人」がより重要だが、中国では「集団」がとても重要。中国の学校は大きな家庭のようで、みなが互いに助け合っている。学生の勉強時間は朝7時半から夜8時半までと長く、父母の子どもに対する要求も高い。

中国での生活は私に西側メディアのいくらかの偏見を認識させた。例えば、中国はいわゆる「警察国家」ではない。警察が人々の生活に自由気ままに関与することはないのだ。

中国人は技術のイノベーションにとても熱心で、ほぼ全ての人がスマートフォンを持っている。モバイル決済が普及していて、レストランや商店、屋台でもスマホがないとどうしようもなくなってしまう。

私は中国で楽しい6年間を過ごした。今は故郷に戻り、中学校で経済学を教えている。私がお茶を飲む時いつも思い出すのは、第2の故郷・中国だ。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

飛行機で赤ちゃん大泣き、ほかの乗客から文句言われた母親が“反撃”=中国ネット「日本で電車に乗った時に…」

9日、中国版ツイッター・微博の動画ニュースアカウント燃新聞は、マレーシア・クアラルンプール発武漢行きの旅客機上で、赤ちゃんが泣き止まないことに腹を立てた若い男女と赤ちゃんの母親が口論になるトラブルが起きたと報じた。

Record China
2019年10月12日 0時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング