Record China

ヘッドライン:

日本戦での中国選手の危険なプレー、韓国メディアも批判「目を疑った」「殺人タックルだ」

配信日時:2019年12月12日(木) 15時0分
拡大
10日に開幕したサッカーの東アジアE-1選手権での中国選手の危険なプレーが韓国でも批判を浴びている。写真は姜至鵬。

2019年12月10日に韓国・釜山で開幕したサッカーの東アジアE-1選手権での中国選手の危険なプレーが韓国でも批判を浴びている。

東アジアE-1選手権は同日、日本対中国戦が行われ、日本が2-1で勝利した。物議を醸したのは前半31分のプレー。タッチライン際での空中戦で、中国のDF姜至鵬(ジャン・ジーポン)が大きく振り上げた左足がMF橋岡大樹の頭部を直撃した。橋岡はピッチに倒れ、姜にはイエローカードが出された。

このプレーについて、韓国メディア・インターフットボールは「中国は試合でもマナーでも負けた」「目を疑うような危険なタックルだった。スパイクの裏側が見えた状態で行われた危険な蹴りだった」などと批判。また、韓国代表が15日に中国代表と対戦することから「日本戦では幸い負傷者が出なかったが、中国の激しいファウルは深刻なけがを招きかねない非常に危険なプレーだ」と強調し、「韓国代表の安全が心配だ」と警戒を呼び掛けている。

スポータルコリアも「3大会連続優勝を狙う韓国代表に“少林サッカー”警戒令が出された」とし、「中国代表は非紳士的なプレーをすることで有名だ。中国は日本戦で映画『少林サッカー』をほうふつさせる“殺人タックル”をした。通常のファウルはボールを狙うが、中国は日本の選手の足首に向かって深いタックルをした。橋岡にはまるで二段蹴りのようなファウルをしてイエローカードを受けた」と説明。その上で「勝利よりも、負傷者を出さないことの方が大きな収穫となり得る。とにかく、中国の選手が11人の周星馳(チャウ・シンチー。映画『少林サッカー』の監督・主演)にならないことを願う」と伝えている。

韓国のネットユーザーからも「中国とは対戦してほしくない。実力もマナーもないのに」「中国は自分たちのサッカーに自信がないのだろう」「お願いだからサッカー場ではサッカーをしてほしい」「大会のレベルを上げるためにも中国は呼ばない方がいいのでは?」「不思議だ。あんなに多くの人口を持つ国なのに、なぜマナーのあるサッカー選手11人がいないのか」など批判的な声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング