Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】米国には国際的な反テロの足手まといにならぬよう忠告する

配信日時:2019年12月6日(金) 22時50分

 米国は最近、いわゆる「2019年ウイグル人権政策法案」を公然と通過させ、中国の反テロと脱過激化の努力をほしいままに誹謗し、中国政府の新疆関連の政策に悪意ある攻撃を行っている。これは、国際法と国際関係の基本ルールに対する甚だしい違反だ。いわゆる「法案」は、米国の反テロ問題におけるダブルスタンダードと、「人権」を旗頭に中国の内政に粗暴に干渉する策謀を十分に暴露するものであり、テロ勢力に甚だしく誤ったシグナルを与えるものでもあり、中国国民と国際社会の断固たる反対に遭っている。

 新疆に関連する問題は決して、人権、民族、宗教の問題ではない。反テロと反分裂の問題だ。

 中国政府は法に基づくテロ撲滅と人権の保障の結合を一貫して堅持している。中国は一部国家が設立した「脱過激化センター」と「教育更生センター」の経験を参考にして新疆の現実と結合させ、職業技能教育養成センターを通して脱過激化の作業を展開している。その主旨は、テロリズムや過激主義が蔓延する土壌を根源から除去することだ。これは中国の反テロと脱過激化の分野での積極的な実践であり、「国連グローバル対テロ戦略」に対する呼応と実行であり、国際社会の反テロ事業に貴重な経験を積み増す重要な貢献だ。

 新疆では3年間連続して、暴力テロ事件が発生していない。安定という恩恵が絶えず発せられており、新疆は歴史上最もよい発展段階を迎えている。

 テロリズムは人類の共通の敵だ。国際情勢は現在、深刻な変化を見せており、テロリズムや過激主義による人類への挑戦はさらに複雑で峻厳な状況だ。米国には、新疆関連問題を利用して中国の内政に干渉する悪辣な行為をただちに止め、ダブルスタンダードをきっぱりと放棄し、過激なテロリズムの撲滅と反テロのための協力を強化するために有益なことを多く行うよう忠告する。これ以上決して、国際的な反テロの事業の足手まといになってはならない。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

CGTN、新疆テロ事件と関連映像を公開

 中国の新疆ウイグル自治区はアジア中央部の交差点に位置します。過激主義とテロリズムが地域に大きな脅威をもたらし、その代価は人々の生命です。 このすべての始まりは何が原因なのでしょうか?政府と人民はどれほどの代価を支払っているのでしょうか?(一部の事件と映像は初公開です。内容によっ...

CRI online
2019年12月6日 22時25分
続きを読む

【CRI時評】「新疆問題によって中国を押さえつける」米国の企みは必ず失敗する

 米国下院は最近、いわゆる「2019年ウイグル人権政策法案」を可決し、中国の内政に横暴に干渉して、中国政府の新疆政策、テロを防ぎ安定を維持するための措置と新疆の人権状況に対する不当な中傷や根拠のない告発を行い、テロリストに対して重大な誤ったシグナルを送った。その根本的な目的は新疆...

CRI online
2019年12月5日 20時25分
続きを読む

【CRI時評】自他共に傷つける香港関連法案は必ず挫かれる

 米国は最近になり、中国の極めて強い反対を顧みず、「香港人権・民主主義法案」という名の法案を成立させた。米国のこうした行動は、香港の繁栄と安定を傷つけ、米国自身と国際社会の利益をも損ねるものだ。 米国は長期にわたり、香港から重要な経済利益を得てきた。香港は米国にとって世界で6番目...

CRI online
2019年12月4日 22時40分
続きを読む

【CRI時評】「新疆問題」を弄べば、中国の断固たる反撃に遭遇する

 現地時間3日、米連邦議会下院は横暴にも、いわゆる「2019年ウイグル人権政策法案」を可決し、中国新疆の人権状況を故意に誹謗し、中国の過激化除去とテロ撲滅に向けた努力を公然と中傷した。こうした動きは国際法と国際関係の基本ルールに対する深刻な違反であり、中国に対する甚だしい内政干渉...

CRI online
2019年12月4日 22時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング