Record China

ヘッドライン:

アメリカは香港干渉をやめるべき=新華社論評

配信日時:2019年12月2日(月) 12時20分

 新華社通信は1日、「米国は人権を建前に香港問題や中国の内政に干渉する慣用手段をやめるべき」と題する論評を掲載しました。論評では「このほど、米国で『香港人権・民主主義法案』が成立したが、これはアメリカの慣用手段であり、人権と民主主義を建前にして覇権主義を貫き、香港の繁栄と安定、『一国二制度』を破壊することにより、中国の発展を阻止しようとする企みにすぎない」と指摘しています。

 さらに、「中国は外部勢力が香港で好き勝手にやることを絶対に許すことはなく、干渉、分裂、転覆、浸透、破壊活動の防止、抑制、反撃するため効果的な措置を講じる。香港問題を利用して中国の発展をけん制し、また中華民族の偉大な復興を阻止しようとするいかなる策謀も必ず失敗するに違いない」と強調しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米の香港人権法成立は香港市民の人権を侵害=香港各界

 香港の社会各界は、「米国がいわゆる『香港人権・民主法案』を強引に成立させることは暴力行為の助勢であり、香港市民の人権をひどく侵害した」と見ています。 香港中華輸出入商会(HKCIEA)の林龍安会長は、「米国によるいわゆる『香港人権・民主法案』の署名と成立の目的は、香港単独の関税...

CRI online
2019年12月2日 12時20分
続きを読む

第2回海南島国際映画祭開幕、文化産業の高品質発展を推進

 国家映画局の指導、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)と海南省人民政府の共催による第2回海南島国際映画祭が12月1日、三亜市で開幕しました。慎海雄CMG台長、中国共産党海南省委員会副書記を務める瀋暁明省長が開幕式で挨拶し、慎台長が映画祭の開幕を宣言しました。...

CRI online
2019年12月2日 11時5分
続きを読む

【CRI時評】ダブルスタンダードの弄びは失敗の運命

 米国は先日、いわゆる「香港人権・民主法案」を強引に成立させ、「民主」「人権」の看板を掲げて香港問題と中国の内政に著しく干渉し、国際法と国際関係の規範に著しく背いて、そのダブルスタンダートの偽善と横暴を再び曝け出した。米国のこうした行動は道理と世論に背くものであり、失敗に終わる結...

CRI online
2019年12月1日 19時55分
続きを読む

【CRI時評】米国式覇権は必ず歴史の袋小路に入り込む

 米国はこのほど、中国側の度重なる厳正な申し入れも顧みず、いわゆる「香港人権・民主主義法案」を成立させた。国際舞台で再び赤裸々に演じられた、米国式覇権主義と強権政治によるショーは、中国政府と中国人民の断固たる反対に遭うだけでなく、国際社会から幅広い批判や非難も浴びている。 覇権主...

CRI online
2019年12月1日 15時30分
続きを読む

新華社論評:米国は人権ダブルスタンダードを廃すべき

 このたび、米国で「香港人権・民主主義法案」が成立したことに対して、新華社通信は11月30日に「米国は自らの行動を鏡に映し、人権に関するダブルスタンダードを廃すべきである」と題する論評を掲載し、「米国は人権と民主主義を建前にすることで中国の内政に粗暴に干渉し、香港が暴力の制止と秩...

CRI online
2019年12月1日 14時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング