Record China

ヘッドライン:

中国国産空母が間もなく就役か、国防部の回答は―中国メディア

配信日時:2019年11月29日(金) 16時50分
拡大
2019年11月28日、中国メディアの澎湃新聞は、中国国産空母の就役に関する国防部の回答を伝えた。

記事によると、28日午後に行われた中国国防部の定例記者会見で、記者から「国産空母はすでに台湾海峡を通過し、海南省三亜の軍港に到着した。これは、空母の正式な就役が近いことを意味しているのか」との質問があった。

これに対し、国防部の任国強(レン・グオチアン)報道官は、「わが国の2隻目の空母は、計画に基づき試験航行を行っており、空母建造の各プロジェクトは順調に進んでいる。就役の時については、空母建造のプロセスと試験の状況に基づき総合的に判断する」と回答した。

また、国産初の空母以外に、後続となる空母の建造状況について質問が及ぶと、任報道官は「空母の発展は、国家の安全面での需要と発展に着眼した戦略的な選択であり、次の空母については、経済、社会の発展状況と国家の安全面での脅威の程度、国防の需要という大原則に基づき、総合的に判断する」との考えを示した。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング