Record China

ヘッドライン:

東京で開かれた中国イベント、孔大使「日本の人々の中国文化に対する好感を感じ取った」

配信日時:2019年11月29日(金) 20時0分
拡大
駐日中国大使館は26日、9月に東京で開催した「チャイナフェスティバル2019」の「感謝レセプション」を開き、イベントを支援した関係者らに謝意を示した。

同大使館によると、孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)駐日大使は挨拶の中で「チャイナフェスティバルの開催は今年で4年目。4年の蓄積と模索を経て、われわれはフェスティバルを日本の人々が中国文化を体験し、中国の様子を感じるプラットフォームにすることに成功した」と発言。今年は2日間の会期中に14万人が会場を訪れたことなどを紹介し、「日本の人々の中国文化に対する心からの好感を深く感じ取った。そして中日民間友好の土台の厚さを再び体感した」と述べた。

また、日中関係については「改善、発展が続いており、なかなか見ることのできない、好ましい勢いが示されている」とし、来春の習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓としての訪日や来月の安倍晋三首相の訪中に言及。「これらは中日関係に新たな発展のエネルギーを注ぎ込むものだ」と述べ、2020年の東京五輪と22年の北京冬季五輪の開催、22年に日中が国交正常化50周年を迎えることについて、「中日関係と両国の民間交流の重要なチャンス」と指摘した。(翻訳・編集/野谷
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国選手の「優勝カップ踏みつけ」で、韓国大使館の微博アカウントに批判殺到=「あなたはどう思う?」アンケート結果は…

四川省成都市で行われたサッカーのパンダカップで、U-18韓国代表の選手が優勝カップを踏みつけた。選手らは後に謝罪したが、韓国駐中国大使館の中国版ツイッター・微博アカウントには批判コメントが多数寄せられる事態となっている。

Record China
2019年5月30日 21時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング