Record China

ヘッドライン:

渡り鳥たちの楽園 甘粛省黒河湿地

配信日時:2019年11月27日(水) 17時10分
拡大
ここ最近、甘粛省張掖市高台県の黒河湿地国家級自然保護区では、オオハクチョウやハイイロガン、アカツクシガモなど越冬する渡り鳥数千万羽が飛来している。渡り鳥たちがエサを食べ、水辺で遊び、飛来する姿は、冬を迎えた同風景区の風物詩になっている。

ここ最近、甘粛省張掖市高台県の黒河湿地国家級自然保護区では、オオハクチョウやハイイロガン、アカツクシガモなど越冬する渡り鳥数千万羽が飛来している。渡り鳥たちがエサを食べ、水辺で遊び、飛来する姿は、冬を迎えた同風景区の風物詩になっている。ここ数年高台県では、耕作地を湿地に戻し、植生を回復させ、生態系の水を補い、囲いの柵を作って飼育するといったような湿地の保護と管理を強化したことで、顕著な効果が表れている。黒河湿地には毎年数多くの渡り鳥がやって来るようになり、名実ともに渡り鳥の楽園となっている。中国新聞網が伝えた。(編集TG)

「人民網日本語版」2019年11月27日

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

ランキング