Record China

ヘッドライン:

<卓球>日本が優勝の数で中国を上回る―オーストリアOP

配信日時:2019年11月18日(月) 16時0分
拡大
卓球のオーストリアオープン・女子シングルスで伊藤美誠(世界ランク7位)が今季ツアー初優勝を飾ったことが、中国のネットユーザーの反響を呼んでいる。

準決勝で中国の若手・銭天一(チエン・ティエンイー)に勝利した伊藤は17日に行われた決勝で、世界ランク4位の中国の朱雨玲(ジュー・ユーリン)と対戦。ゲームカウント4-1で制して優勝した。

中国の動画メディア・梨視頻は18日に「試合後に笑った!伊藤美誠が中国選手に連勝で優勝」と題して動画を投稿。動画には伊藤が試合後のインタビューで「今年たくさん決勝の舞台で試合ができたことが私の自信になりました」と語る様子が映っている。

また、梨視頻は「日本は優勝の数で中国を上回る」とも伝えている。日本は今大会で女子シングルの伊藤のほか、女子ダブルスの木原美悠・長崎美柚組、混合ダブルスの張本智和・早田ひな組が優勝。男子シングルス、男子ダブルスの2種目で優勝した中国を上回った。

中国のネットユーザーからは、「日本の卓球の発展は速い。中国は注意しないと」「戦前の日本の自信には理由があった。夢を持つことの大切さを認識」「伊藤と張本は確かに素晴らしい」「東京五輪が近いうえに卓球は元々日本が重視している競技。(この結果は)不思議ではない」「伊藤を研究せよ」といった声が寄せられた。

また、「勝つこともあれば負けることもあるのは正常なこと」「これで卓球界がようやく面白くなってきた」「勝ち続けるのは確かに良いことじゃない」「中国ばかりが優勝していたんじゃ、卓球は本当に五輪競技から外されてしまう」などの声も少なくなかった。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<卓球>戦前「打倒中国」叫んだ日本、試合後は感嘆「中国は強すぎる」―中国メディア

11日、環球網は、卓球ワールドカップ団体戦女子決勝で中国が日本に圧勝して優勝したことについて、戦前に日本メディアが「打倒中国」と意気込んでいたのに対し、試合後には日本のネットユーザーから「中国は強すぎる」との感嘆が漏れたと報じた。資料写真。

Record China
2019年11月12日 11時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング