Record China

ヘッドライン:

中国国産空母が台湾海峡を航行、「日米による監視常態化」と中国メディア

配信日時:2019年11月18日(月) 10時0分
拡大
2019年11月17日、中国メディアの観察者網は、台湾メディアの報道を引用し、中国初の国産空母が台湾海峡を航行したと伝えた。

17日午後、台湾国防部は記者会見で、中国初の国産空母が護衛艦と共に台湾海峡を北から南へと航行したと発表した。この間、米国と日本がいずれも艦艇を派遣して追尾。また、台湾軍も艦艇を派遣して全過程を監視していたという。

台湾メディアによると、追尾したのは米国のミサイル駆逐艦「ウェイン・E・マイヤー」と海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」で、台湾海軍の艦隊も16日夜から海上からの監視を行っていた。

観察者網は、「現在のところ、人民解放軍は関係する情報を明らかにはしていない」と紹介。「中国初の空母である遼寧号の遠洋航行の際も日米の艦艇に追尾されており、これが常態化している」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング