Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】ポンペオ氏の「火中の栗を拾う」企みは、己の身を焼くだけ

配信日時:2019年11月17日(日) 12時45分
拡大
 香港における過激な暴力犯罪行為は最近エスカレートを続け、100人以上を負傷させただけでなく、1人の罪もない市民を死に至らしめた。だが、ポンペオ米国務長官はこうした法の支配を踏みにじる暴力行為には目をつぶり、再び気炎を吐き、ダブルスタンダードをとり、黒を白と言いくるめ、法治意識の...
(1/3枚)

 香港における過激な暴力犯罪行為は最近エスカレートを続け、100人以上を負傷させただけでなく、1人の罪もない市民を死に至らしめた。だが、ポンペオ米国務長官はこうした法の支配を踏みにじる暴力行為には目をつぶり、再び気炎を吐き、ダブルスタンダードをとり、黒を白と言いくるめ、法治意識のかけらもなく、人類の良知の最低ラインを超え、中国の内政に公然と干渉し、香港問題にかこつけて、中国に圧力をかけ中国を混乱させようとする陰険な企みをさらに明らかにしている。ポンペオ長官の今回の発言は、香港における暴力事件のエスカレートが米国の反中勢力と切り離せない関係にあること、もしくは、まさに後者の操作による直接的な結果であることのさらなる証左だ。

その他の写真

 香港特別行政区政府の法に基づく暴力犯罪分子への厳重な処罰は、香港の法治と香港市民の人権と自由を守るためのものだ。習近平国家主席は第11回BRICS首脳会議で、中国政府の国家の主権、安全、発展の利益を守る決意は揺るがず、「一国二制度」の方針を徹底する決意も揺るがず、いかなる外部勢力による香港問題への干渉に反対する決意も揺るぐことはないと厳正に指摘している。ポンペオ長官らはこれについて、二度と誤った判断をしてはならない。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

香港各界、「習主席の談話は特区政府の暴力制止に自信」

 習近平国家主席は現地時間14日、ブラジリアで開催されるBRICS第11回首脳会議に出席した際、香港情勢について中国政府の厳正な立場を示し、「香港で現在最も切迫した任務は暴力と混乱を制止し、社会秩序を回復させることだ」と強調しました。これを受けて15日、香港各界の人々は、「習主席...

CRI online
2019年11月16日 15時10分
続きを読む

香港中連弁、習近平主席の談話精神を貫く

 中央人民政府香港特別行政区駐在連絡弁公室の責任者が15日、習近平国家主席の香港情勢に関する重要な演説の精神について談話を発表しました。責任者は「現地時間14日、習近平国家主席がブラジリアで第11回BRICS国家首脳会合に出席した際、当面の香港情勢について中国政府の厳正なる立場を...

CRI online
2019年11月16日 15時0分
続きを読む

香港世論、習主席の談話を評価

 習近平国家主席は現地時間14日、ブラジリアで開催されたBRICS第11回首脳会議に出席した際、現在の香港情勢について中国政府の厳正な立場を示しました。香港の主流世論や社会各界は15日、習主席の談話は世界に向けて、香港の繁栄と安定、国家主権と安全、発展利益を維持する中央政府の断固...

CRI online
2019年11月16日 14時35分
続きを読む

国務院港澳弁、香港や英国での暴力行為を厳しく非難

 国務院香港マカオ事務弁公室の楊光報道官は15日、香港市民1人が暴徒に襲われて死亡したことや、香港特別行政区政府律政司の鄭若驊司長がイギリスのロンドンで襲撃を受けて負傷したことについて談話を発表し、暴力を振るう人を厳しく非難するとともに暴徒を法に照らして処罰するよう呼びかけました...

CRI online
2019年11月16日 14時15分
続きを読む

秩序の回復は香港の最大の急務だ=習主席

 BRICS首脳会議のためブラジルを訪問している習近平国家主席は現地時間14日、香港の情勢について中国政府の厳正な立場を表明しました。 習主席は、その際「香港では過激な暴力犯罪行為が続いている。法治や社会秩序を踏みにじり、香港の繁栄と安定を破壊し、『一国二制度』原則のボトムライン...

CRI online
2019年11月16日 13時10分
続きを読む

ランキング