Record China

ヘッドライン:

文政権が任期後半の抱負を発表、「韓国は“大転換”経て飛躍する」―中国メディア

配信日時:2019年11月12日(火) 7時0分
拡大
韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任から今月9日で2年半が経過した。5年間の任期を折り返すにあたり、10日に大統領府は記者会見を開き、任期後半の目標を掲げた。韓国・聯合ニュースの11日の報道を基に、同日付で中国メディア・界面新聞が伝えた。

記事によると、記者会見では盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長や金尚祖(キム・サンジョ)政策室長、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長が発言した。

盧氏は、任期前半について、「過去を克服し、国家の正常化を実現するプロセスだった。同時に、新しい韓国の土台を築くための大きな転換期でもあった」と説明。続いて、「残りの2年半で、韓国政府は朝鮮半島の平和体制構築や、新産業への投資、公平・公正で豊かな国家の実現などに責任を持って取り組んでいく」とした。

また、盧氏は北朝鮮問題について「韓国側の努力だけに頼って平和へと向かっていくことはできない。しかし、政府は辛抱強く、一歩一歩その道を歩んでいく」と述べたほか、韓国の社会状況については「政府は不平等の問題を解決するために全力を尽くしているが、まだ国民の期待には応えられていない」とした上で、「今後はさらに謙虚な態度で国民とコミュニケーションを図っていく」と表明したという。

鄭氏は今月の23日で日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が期限を迎えることに言及した上で、「GSOMIAは日本と討論すべき内容で、米韓同盟とは無関係だ」と強調したという。

また、10日午後、文大統領は与野党5党の代表を大統領府に招いて夕食会を実施した。記事が伝えたところによると、会合では日本の貿易輸出規制やGSOMIA関連の話題について、党を超えた協力を行う必要性が話し合われた。また、文大統領は旧徴用工問題について、「(日本企業に賠償を命じた)大法院による判決を尊重しなければならない」と主張したという。

韓国の大統領の任期は5年で、再選は認められていない。韓国の世論調査会社・リアルメーターが今月7日に発表した文政権の支持率は、前週から3.3ポイント下落して44.2%となった。記事は、「文大統領の就任後、日韓関係の悪化や北朝鮮との関係停滞、韓国経済の低迷や曹国(チョ・グク)法相の辞任などが政治分野に一連の問題をもたらし、支持率低下につながっている」と分析した。(翻訳・編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

文大統領の演説中に「×」サインの野党議員、中国ネット「中国では許されない」「文氏のカウントダウンが始まったか」

22日に行われた韓国・文在寅大統領の4回目となる施政方針演説中に、最大野党・自由韓国党の議員らが両手で「×(バツ)」のサインをつくったことが中国で話題になっている。写真は韓国大統領府Facebookアカウントより。

Record china
2019年10月23日 12時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング