在日米軍の戦闘機が“誤爆”、「日本を攻撃する練習か?」とネットユーザー―中国メディア

配信日時:2019年11月8日(金) 11時50分
在日米軍の戦闘機が“誤爆”、「日本攻撃の練習か?」とネットユーザー
画像ID  1139963
7日、中国メディアの海外網は、青森県の在日米軍三沢基地に所属するF-16戦闘機が、訓練場外の私有地に模擬弾を落下させたことが明らかになり、日本のネットユーザーから疑問の声が出ていると報じた。写真はF-16戦闘機。
2019年11月7日、中国メディアの海外網は、青森県の在日米軍三沢基地に所属するF-16戦闘機が、訓練場外の私有地に模擬弾を落下させたことが明らかになり、日本のネットユーザーから疑問の声が出ていると報じた。

防衛省によると、6日午後6時30分ごろ、同基地所属のF-16戦闘機が訓練場付近に重さ約230キロの模擬弾1発を落下させた。模擬弾は訓練場外の同県六ケ所村の民用地に落下し、地中に埋まっているのが発見された。

在日米軍のツイッターアカウントは7日、模擬弾について爆発の危険がないとするとともに、落下の原因を調査中であると発表。同軍司令部も7日に「安全上の問題を考え、三沢基地では関連の訓練を暫時中止する」と表明した。

記事は、このニュースが日本のネット上で大きな波紋を広げているとし、実際にツイッターなどに寄せられた「日本攻撃の練習か」「単なる空爆」「爆発しないとはいえ、空からコンクリートの塊が降ってきたら怖い」「原発再処理工場の近くか」といったコメントを紹介している。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/11/09 18:53)

    まあどうせ、日本政府は精々が遺憾砲発射して終わりだろうね。 自国民が性的暴行されようが家宅侵入されようが殴られようが、「遺憾です」しか言わないし。ああ、あとは「再発防止希望」かな?どっちにしたって日本政府に強制力が発揮出来るわけもないけどね。 こういう事の積み重ねが在日米軍に対する不信感を募らせ沖縄の基地問題に繋がった訳なんだが。 米軍いないと国防出来ないって言うなら、自衛隊無くても良くないか? 或いは自衛隊が必要だと言うのであれば、在日米軍に金出してやる必要ないだろ。「両方」ってのは無しだ。高度経済成長期やバブル期じゃないんだから、もうそんな余裕はこの国には無えよ。 どっちにしろ自衛隊だろうが在日米軍だろうが、その基地は「絶対必要だ」と言ってる連中が土地でも経費でも用意すればいい。沖縄基地の移転先は、安倍のお膝元の山口なんかどうかね? 
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2019/11/08 14:17)

    中国なら絶対にない事故だ。 なぜなら訓練地域から民間人は強制的に排除できるから。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/11/08 13:12)

    現実に米軍による事故は結構多く、付近に住む住人を不安と恐怖に陥らせ実際に死傷事故も起きているが、日本海を挟んで西側にある野蛮で凶悪な特ア三国の事を考えると、とてもアメリカに撤収してくれとは言えないのが辛い所である、ちなみにヘリコプターやオスプレイの事故が目立つのは、整備をしている大韓航空の手抜きが原因であるのが殆んどである
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事