2019年度の年金制度国際ランキング、中国は日本より上―米華字メディア

配信日時:2019年11月6日(水) 7時20分
2019年度の年金制度国際ランキング、中国は日本より上―米華字メディア
画像ID  1139096
4日、米華字メディアの多維新聞は、「2019年度の年金制度の国際ランキングがこのほど発表された」とし、「先進国である日本の順位が、発展途上国の中国より下であることに注目が集まっている」と報じた。写真は日本の年金手帳。
2019年11月4日、米華字メディアの多維新聞は、「2019年度の年金制度の国際ランキングがこのほど発表された」とし、「先進国である日本の順位が、発展途上国の中国より下であることに注目が集まっている」と報じた。

記事はまず、「日本経済新聞の4日付報道によると、米コンサルティング会社マーサーがまとめた2019年度の年金制度の国際ランキングで、日本の年金制度は先進国を中心とする37の国と地域のうち31位だった。それに対し中国は、日本より上の30位だった」と伝えた。

そして、日本経済新聞が「マーサーは日本の年金制度を『改善がなされなければ、年金制度の効果と持続性には疑義が生じる』と指摘している」とした上で、「日本の総合指数(0~100)は48.3となり、18年度に比べると0.1ポイント上昇した。改善は3年連続。総合の格付けは7段階で2番目に低い『D』で変わらなかった」「評価が低かったのは、私的年金の加入率や国の借金などから成る『持続性』の項目だ。格付けは最低ランクを表す『E』だった。政府債務の多さや私的年金の加入を強制していない点などが評価を押し下げた」「一方、年金の所得代替率(現役会社員の賃金水準に対する高齢夫婦世帯への年金額の割合)などを評価する『十分性』は『C』となり、指数も改善した。確定拠出年金などに税制優遇措置を設けていることや、株式といった成長性の見込める資産に年金資金を投じていることなどが評価された」と伝えていることを紹介した。

記事はまた、ランキングについて「首位はオランダ、2位はデンマークで前年と変わらなかった。3~5位は、オーストラリア、フィンランド、スウェーデンと続いた」とし、「これらの国は、平均余命に合わせて公的年金の支給開始年齢が変動する仕組みを取り入れており、『持続性』の評価が高かった」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/11/06 12:26)

    日本のシミュレーションは、有りえへん高成長ベースで、後は野となれの役人仕事。 しかし、比較するなら、当面の、開始年齢と金額見せないことには。 (追記) GPIF理事長、部下の女性との不適切行為で減給  というホットなニュースがあって、日本ならではの緊張感ゼロ、では評価もゲゲゲ下。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sal***** | (2019/11/06 10:22)

    評価基準が書かれていない以上、一喜一憂しても意味がない。概して、ある数字が上だとして騒ぐだけ、やましい制度なんだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/11/06 09:49)

    まあ確かに厚生労働省や社会保険庁のド腐れ役人に年金基金を食い潰され、更に現在ある年金基金もまともに運用出来ていなければこういう調査結果になるだろう、負け惜しみを言うわけではないが、医療制度に関しては比べ物にならない位日本の方が上だけど
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事