Record China

ヘッドライン:

<輸入博>JETRO上海事務所・小栗道明所長 第二回輸入博への期待を語る

配信日時:2019年11月3日(日) 11時15分
拡大
1/2枚
 第二回中国国際輸入博覧会が11月5日から上海で始まります。これに先立ち、日本企業の取りまとめ機関である日本貿易振興機構(JETRO・ジェトロ)上海事務所の小栗道明所長がCMG日本語記者のインタビューに答えました。

その他の写真

――日本企業の出展状況を教えてください。

 今回、日本企業は会場の全エリアで合計380社が出展する予定です。ジェトロはそのうち、医療・ヘルスケア分野50社、食品分野108社という、2つの分野で計158社の中小企業を中心に取りまとめを行っています。

――昨年と比べて、日本企業の出展に関する変化はありますか?

 日中関係の改善により、日本企業の中国市場への関心が非常に強くなっています。今回ジェトロを通して出展する158社のうち、およそ半分が昨年に続いての連続出展で、残り半分は今回が初めての出展です。このような新しい企業が中国に非常に強い関心を持っていることが、一つの特徴です。加えて、中国では今、食品と医療・ヘルスケアの分野における発展レベルが変化しており、消費者は高品質でより安心・安全なものを求めています。そのため、これらのニーズに合わせる出展企業も増えています。

――JETROの今回の輸入博に関する取り組みを教えてください。

 今年2月から、日本国内でのプロモーションを中国国際輸入博覧局と共に行いました。そこで第一回の成果を紹介するとともに、第二回の出展募集を開始しました。正式な募集は3月下旬から4月にかけて行い、その結果として取りまとめた158社の製品情報を中国のバイヤーに事前に届けるため、WeChat(微信)の公式アカウントを使って発信しました。

――昨年参加した企業は、その後どのような成果を得ましたか?

 例えば、ヘルスケアのエリアに2年連続で出展している歯ブラシのメーカーさんは、昨年の出展で西安の企業との引き合いがあり、実際に西安で製品が販売されるようになりました。そして、食品のエリアでは、昨年はお米のプロモーションに非常に力を入れました。その甲斐あって、今年8月に私自身が甘粛省へ出張した際に、現地のスーパーで日本のお米が売られているのを見つけました。そのお米の企業は、去年の輸入博で商談が成立したわけです。こうした中国の内陸部にまで日本の製品が広がったという成果が、第一回の輸入博を通じて実現しています。

――今年の輸入博への期待を教えてください。

 今、中国の消費者のライフスタイルはますます多様化しています。よりハイレベルなもの、より安心で安全なものを求める消費者が増えています。そうした中で、今回の輸入博を通じて、日本の安心・安全で高品質な製品がより多くの商談のチャンスを得られることを期待しています。

 来年の春ごろには習近平国家主席が訪日する予定もあり、日中関係はこれからますます良くなっていくと思います。より多くの日本企業が中国市場に関心を持ち、多くの出展がありました。それらがより多くの商談につながればと思います。そして、中国の経済発展や国民生活の多様化により貢献できることを望んでいます。(提供/CRI)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

【CRI時評】「中国のガバナンス」の秘訣は制度建設にあり

 国際社会においては、中国が獲得した巨大な発展の成果の背後にある「成功の秘訣」を見出したいという声が上がっている。先ごろ閉幕した中国共産党第19期中央委員会第4回全体会議は、その答えを明らかにしている。中国の特色ある制度建設が決定的な役割りを果たしたということだ。中国共産党の指導...

CRI online
2019年11月1日 20時10分
続きを読む

【観察眼】中日両国が手を取り合い、文化遺産の復元へ

 10月31日未明、沖縄県那覇市の空は真っ赤に染まり、2000年に世界遺産に登録された首里城がほぼ全焼した。これに対し、中国国内でも「大火事が『琉球の故宮』を飲み込んだ」と大きく報道され、SNSでも嘆く人が多くいる。 沖縄の文化・歴史・観光のシンボルとも言える首里城。戦争による焼...

CRI online
2019年11月1日 14時5分
続きを読む

【CRI時評】中国は開かれた世界経済構築の有力な推進者

 最近中国商務部研究院が発表した『中国開放発展報告2019』は、中国が吸収した外資と対外直接投資が世界第二位であると明らかにしている。国連貿易開発会議(UNCTAD)のレポートは、2019年上半期、中国が引き続き世界第二位の外資流入国であると指摘している。絶えず開放を進める中国は...

CRI online
2019年10月31日 22時40分
続きを読む

【CRI時評】5Gの商用化は中国経済の構造転換とレベルアップをもたらす「加速器」

 中国は31日、5Gの商用化が正式にスタートしたことを宣言した。これは中国の社会に巨大な変革をもたらし、中国経済の質の高い発展に新たな強大なエネルギーを提供するだけでなく、世界経済にも強大なパワーを注ぎ込むことになるだろう。現在、5G分野での特許の蓄積、標準化に関する影響力などの...

CRI online
2019年10月31日 20時40分
続きを読む

エセックス大惨事、語るべきは政治より人命

  英国エセックス州でトラックから39人の遺体が見つかった事件について、警察当局はまだ取り調べをしている最中です。ここに来て、事件発生直後に被害者らの国籍を憶測したメディアを疑問視する声が高まっています。報道はあくまで事実に基づくべきで、基本事実さえ誤認した報道は容認できるもので...

CRI online
2019年10月31日 15時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング