Record China

ヘッドライン:

今度は縦!?サムスンの最新スマホに注目集まる

配信日時:2019年11月3日(日) 10時10分
拡大
2019年10月30日、韓国・毎日経済によると、サムスン電子が縦に折り畳むことのできるスマートフォンのイメージを公開した。

記事によると、新型スマートフォンのイメージは同日、米国のシリコンバレーで開催された「サムスン開発者会議2019」で公開された。同社無線事業部・フレームワーク開発グループのチョン・ヘスン常務は「Galaxy Foldは始まりにすぎない」とし「フォルダブル(液晶画面を折り畳む)技術の驚くべき点は(スマートフォンを)もっとコンパクトにできるというところ」と話したという。記事は「既存のGalaxy Foldは画面を拡張する概念だったが、新たに公開されたスマートフォンは画面を縮小することに集中している」と分析している。

同社は新型スマートフォンの名称や発売時期、価格などの詳細は公開しなかった。ただ米ブルームバーグは関係者の話を引用し「新型スマートフォンは折り畳むと正方形になり、画面の大きさは6.7インチ」「内側には自撮り用のカメラが1台、外側にはカメラが2台搭載される」と報じたという。また、来年2月にスペイン・バルセロナで開催される世界最大級のモバイル機器の展示会「Mobile World Congress」で実機が公開されるのではないかとの報道もあるという。

これに韓国のネットユーザーからは「サムスン最高」「卓越したデザインだ」「韓国の誇りサムスン!」「待ちに待った製品。コンパクトでハイクラス。さすがサムスン」「昔の携帯電話が思い出される。なんだかこの方がいい気がする」「最近のスマホは大き過ぎるから小さくするアイデアはいいと思う」「縦に折り畳むスマホが発売されたら買おうかな。ポケットに入れるのにちょうどいい」など称賛のコメントが上がっている。

一方で「折り畳み式スマホのいいところって何?」「新しいスマホがなぜいいのか分からない。そこまでして大きな画面が必要なの?」など否定的なコメントも見られた。また、既存の折り畳み式スマホ・Galaxy Foldで欠陥の可能性が指摘されていることから「新しい製品を次々に発売することがいいわけではない」「新しいスマホを作るのではなくて既存のスマホに力を入れるべきだ」などの指摘も寄せられている。

その他に「来年には対角線で折り畳むモデルが発売されるかも」「2回折り畳むスマホも出るのでは?そしたら買おうかな」「テレビも折り畳んで持ち運べる時代が近づいているのでは?」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/長居)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング