Record China

ヘッドライン:

サムスン折り畳みスマホにまた欠陥?使用者から不満の声

配信日時:2019年10月30日(水) 16時20分
拡大
2019年10月29日、韓国・スポーツソウルは、サムスンの折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」に相次いで欠陥が見つかり、使用者の不満が高まっていると報じた。

記事によると、「ギャラクシーフォールド」はこのほど、ディスプレイ内部に「緑色の縦線」が生じる欠陥が見つかり物議を醸したが、今度はメイン画面の中央に「黒い縦線」が入りまる「で二つの画面であるかのように見える」欠陥が見つかったという。「ギャラクシーフォールド」は今年4月に画面の欠陥で発売を延期していたが、その時と欠陥の状況が類似しているためさらに波紋を呼んでいるそうだ。

欠陥を訴える使用者らは「使用開始から1カ月も経っていない上、落とすなどの外部衝撃もなかった」と主張しているというが、サムスン電子側は「原因は外部からの衝撃で、顧客の過失だ」と反論しているという。

記事は「問題はギャラクシーフォールドの販売量が極めて限定的で、欠陥事例がかつてのギャラクシーノート7の発火事故のように多くないということ」と指摘している。業界関係者は「欠陥問題が訴訟にまで発展し、品質をめぐる議論が浮き彫りになれば、ブランド信頼度への打撃は大きくならざるを得ない」とみているという。

これを受け、韓国のネット上では「これは致命的な問題」「サービスをしっかりしないとヤバいことになるよ」と指摘する声が上がっている。

一方で「あえて折り畳みを買う必要あるかな(笑)。今のスマホでも全く問題がないっていうのに」「(新製品に)何でもすぐ飛びつくのはよくない」「プライド持って高いサムスン製品を買ったのなら、修理にお金がかかっても我慢しなきゃ」とのコメントも。

また「サムスンは海外で問題が起こると平謝りなのに国内で問題が起こると強気だ」「米国で10万回以上折り畳みする実験映像では何の問題もなかったけど、なんでかな?」など、韓国内と海外での性能や対応の違いを皮肉る声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング