Record China

ヘッドライン:

<羅針盤>天皇陛下の「即位礼正殿の儀」のおことばに共鳴―立石信雄オムロン元会長

配信日時:2019年10月27日(日) 5時50分
拡大
天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿の儀」が10月22日に行われた。皇居での式典に国内外から多くの方々が参列し、即位を祝福した。陛下は国際社会の友好と平和に尽くされるお考えを示された。

天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿の儀」が10月22日に行われた。皇居での式典に国内外から多くの方々が参列し、即位を祝福した。

陛下は「おことば」の中で、上皇さまについて「いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心(みこころ)を御自身のお姿でお示しになってきた」と言及され、その姿に改めて深く思いを致すと述べられた。戦場となった沖縄や大災害の被災地をはじめ全国を訪れ、国民の中に分け入った上皇さまのように「国民に寄り添いながら」象徴の役割を行動で果たそうとの強い意志を感じる。

陛下は、憲法にのっとり、国民統合の象徴としての務めを果たすと誓われ、さらに国際社会の友好と平和に尽くされるお考えも示された。新しい時代に向けたおことばとして共鳴した。

陛下は5月の「即位後朝見の儀」で、憲法を重視する姿勢を明らかにし、8月の全国戦没者追悼式でも上皇さまの「深い反省」との表現を踏襲した。昭和の「負の遺産」と向き合い、憲法下の象徴像を模索した歩みを引き継ぐお気持ちの表れだ。

 

陛下は平成の時代を「人々の生活様式や価値観が多様化した」と振り返り、「多様性と寛容の精神」が大切だと述べられた。こうした新しい時代感覚を基にした象徴像が生まれるのかもしれない。

昭和、平成時代を駆け抜けてきた筆者にとっても、令和時代は感慨深い。メディアが報じるニュース映像などを観て、皇室が国民統合の象徴として敬愛されていることを改めて実感した。

筆者は、会合などで皇太子時代の新天皇にお会いしたことがあるが、品格や伝統に裏付けられた立ち居振る舞いで外国からの賓客と交流を深められていた。若き日の英国留学では多くの国の人たちと交流し、平和主義と民族多様性を尊重する考えを学ばれたと聞く。

多くの国と友好関係を築いてきた「皇室外交」の意義は大きい。陛下は皇太子になる前、英国に留学し、海外の空気に触れた。外交官出身の皇后雅子さまと共に国際経験を生かし、諸外国との交流に一層力を尽くしていただきたい。

<羅針盤篇47>



■筆者プロフィール:立石信雄
1959年立石電機販売に入社。1965年立石電機(現オムロン株式会社)取締役。1995年代表取締役会長。2003年相談役。 日本経団連・国際労働委員長、海外事業活動関連協議会(CBCC)会長など歴任。SAM「The Taylor Key Award」受賞。同志社大名誉文化博士。中国・北京大、南開大、上海交通大、復旦大などの顧問教授や顧問を務めている。SAM(日本経営近代化協会)名誉会長。エッセイスト。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

<羅針盤>東京五輪マラソンの札幌開催は、選手の健康を優先した「次善の策」―立石信雄オムロン元会長

国際オリンピック委員会(IOC)が暑さ対策を理由に東京五輪のマラソン、競歩のコースを札幌に移す案を発表した。長い間準備してきた関係者には反発や戸惑いがあるだろうが優先すべきは選手の健康と観客の安全であり、妥当な「次善の策」だと思う。

立石信雄
2019年10月20日 7時30分
続きを読む

<直言!世界と日本の未来>吉野さんのノーベル化学賞決定が教えるもの=民間企業が主導した「リチウム電池開発」―立石信雄オムロン元会長

今年のノーベル化学賞がリチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローに贈られることが決まった。リチウムイオン電池が高く評価されたという。地道な研究が栄誉につながったものと拍手喝采したい。

立石信雄
2019年10月13日 7時0分
続きを読む

<直言!日本と世界の未来>中国人民解放軍と自衛隊の交流に感慨=東アジアの平和に貢献―立石信雄オムロン元会長

今年9月に来日した中国人民解放軍佐官級訪日団24人を自衛隊中堅幹部30人が歓迎、交流したというニュースに、心温まる思いを抱いた。防衛当局者同士の歓談の輪が広がったという。東アジアの安定と平和へ寄与することを願ってやまない。写真は同交流会(9月19日)。

立石信雄
2019年10月6日 5時20分
続きを読む

<直言!日本と世界の未来>中国建国70周年、発展の原動力は「教育」にあり―立石信雄オムロン元会長

建国70周年を迎えた中国の発展には国民の教育熱の高さが大きく寄与していると思う。私はかつて毎年のように、中国の大学で講演を行ってきたが、当時強く感じたのは、中国人の高い学習意欲と教育に対する情熱だった。写真は東京で開催された記念祝賀会。

立石信雄
2019年9月29日 9時0分
続きを読む

<直言!日本と世界の未来>日韓関係悪化の背景に韓国の対中傾斜=「日本の重要性」低下―立石信雄オムロン元会長

日韓関係が最悪の状態に陥っているが、この背景には中国経済の拡大に伴い、韓国の中国依存度が高まり、韓国が日本より中国との関係を重視するようになったという事情がありそうだ。相対的に「日本の重要性」が低下しているという冷徹な構造変化に留意すべきであろう。

立石信雄
2019年9月15日 7時0分
続きを読む

ランキング