Record China

ヘッドライン:

南京の地で日本の歌を!来日20年の中国人音楽家が母国で初公演

配信日時:2019年10月20日(日) 9時30分
拡大
日中平和友好条約締結40周年を日中の楽曲で記念するコンサート「故郷へ寄せる愛の賛歌」が11月17日に南京市の江蘇紫金大劇院で開催される。

主催するのは、昨年で来日20年を迎えた中国人音楽家の蔡国平(ツァイ・グオピン)氏。南京出身の同氏は1999年から日本大学へ留学し、卒業後は日本で歌手として活動するかたわら、日中友好歌謡祭の主催や、舞台作品の来日公演のプロデュースなどを行ってきた。

同氏は昨年、自身の芸歴40年と日中平和友好条約締結40周年を祝うリサイタル公演を、東京都と南京市の姉妹都市である名古屋市で開催。来月南京で開催されるコンサートは、同氏にとって中国で主催する初めての公演となる。

コンサートには同氏が母校の南京芸術学院で共に学んだ旧友や、これまでも共演を重ねてきた奄美大島出身の歌手・中孝介などが出演する。当日は「サライ」や「愛燦燦」など、中国でもヒットした日本の歌謡曲が数多く披露される予定だ。(編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

【動画】「鳥肌」「これはやばい」… 日本人絶賛の『君の名は。』組曲が130万回再生、演奏しているのは中国の楽団だった!

「鳥肌が立った」「これはやばいわ」…。YouTubeで130万回以上再生されている『君の名は。』組曲。演奏している中国の楽団で指揮を務める男性に、「中国初」のACG楽団の立ち上げの背景、そして『君の名は。』の組曲演奏にまつわる裏話を聞いた。

Record china
2019年9月27日 16時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング