Record China

ヘッドライン:

日本企業に再び不祥事発生、中国も教訓に

配信日時:2019年9月11日(水) 18時50分

 日本では先日、日産自動車の西川廣人社長が不正に報酬を受け取っていた問題が発覚し、本人が今月16日付で辞任することを発表しました。日産自動車では、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告に続き、再びトップが降板する事態となりました。

 振り返ってみれば、日産以外にも、欠陥エアバッグを製造販売して史上最大規模のリコールを行ったタカタ、燃費試験の不正が発覚した三菱自動車、無資格者による完成検査問題が出たスズキ、データ改ざんをした神戸製鋼など、日本を代表する大手企業によるスキャンダルがここ数年で続出しています。

 その背景について、ある研究者は「グローバル化と株式運営が関係している」と指摘します。グローバルな部品調達、組み立て、販売などが進み、価格が大幅に減少していく中で、品質の確保を重んじてきた日本企業はコストパフォーマンスの面で優位性を失いつつあります。また、株式による資金調達を行っているため、顧客よりも利益を優先する株主の側へと経営者が傾くこともあります。厳しい経営環境と市場に直面しながら、少子高齢化に伴う事業員の不足にも悩まされ、企業内でのデータ改ざんや、作業中の手抜き行為などが徐々に出てきたのです。それも、組織ぐるみで行われることも珍しくありません。

 この問題についての批判を受けて、「そもそも日本製品は品質で世界をリードしていた。今になって多少手を抜いても支障はないはずだ」と擁護する声も上がりましたが、そのような筋違いの意見が受け入れられることはないでしょう。品質問題は管理を強化することで改善できますが、企業の汚名を返上し、名誉を挽回するためには、努力することに加えて長い歳月の経過が必要となります。

 改革開放を進めてきた中国企業の多くは、これまで日本を教材として多くの優れた部分を学んできました。しかし、これからは「他山の石以て玉を攻むべし(よその山から出た質の悪い石でも、自分の玉を磨くのに役立てることができる)」という中国のことわざの通り、日本が直面しているボトルネックや問題をも教訓としていく必要があるでしょう。

 そうして、コア技術を磨き、経営管理の最適化を繰り返し、ユニークな企業文化を作り上げて社員のモチベーションと帰属意識を高めることで、企業の長期的な発展と国際的競争力の向上に繋げていくべきです。

 中国はいま、「製造大国」から「製造強国」へとレベルアップすべく、全国が一丸となって歩みを進めています。その中で、隣国の成功と失敗の両方から貪欲に学ぼうとする姿勢を崩さなければ、中国がその目標を実現できる日はそう遠くはないでしょう。

CRI日本語部評論員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】中国の外資を引き寄せる「磁力」は強靭

 2019アモイ国際投資貿易商談会(厦洽会)は現在正に開催中だが、締結された外資利用金額は9月8日の「一帯一路」農産物・農業用品取引会だけでも295億ドルに上った。同時に、国連貿易開発会議(UNCTAD)が厦洽会の期間中に正式に発表した「世界投資レポート2019(中国語版)」は、...

CRI online
2019年9月10日 22時20分
続きを読む

【CRI時評】中国の貿易は安定しつつ質が向上、経済の粘り強さと潜在力を示す

 中国税関の最近の発表によると、今年1-8月の中国の商品貿易総額は前年同期比3.6%増の累計20兆1300億元だった。中国の輸出入は複雑かつ厳しい情勢にあって、このような容易には達成できない成績を収めた。このことは、長期的によい方向に推移という中国経済の基本面が変わっておらず、安...

CRI online
2019年9月9日 22時0分
続きを読む

【CRI時評】意思疎通を強化、開放を維持、中独間の大きな協力の「パイ」を作る

 ドイツのメルケル首相は7日、中国への2日間の日程の公式訪問を終えた。2005年の首相就任以来、12回目となる今回の訪中で、二つの重要なシグナルが伝えられている。 まず、中国とドイツは意思疎通と協調を強化する必要性と重要性を確認した。次に、中国との協力強化に対するドイツの意欲はま...

CRI online
2019年9月8日 14時25分
続きを読む

【CRI時評】政治的黒幕の香港をかき乱す策謀は絶対に成功しない

 香港での最近の暴力活動において、一部の暴徒は公然と「香港独立」を表明するなどと、その言動に体制転覆を狙う「カラー革命」の特徴が鮮明になってきた。そして、その背景には、全米民主主義基金(NED)という「黒幕」が存在することが、次第に浮き上がってきた。 香港メディアによれば、NED...

CRI online
2019年9月6日 22時40分
続きを読む

【CRI時評】理性的な協議があってこそ問題を解決できる

 中米全面経済対話の中国側リーダーである劉鶴中国共産党中央政治局委員兼国務院副総理は5日、事前の取り決めにもとづいて米国のライトハイザー通商代表、ムニューシン財務長官と電話で会談した。双方は第13ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議を10月初旬にワシントンで行うことで合意した。 ...

CRI online
2019年9月5日 17時55分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング