日本企業に再び不祥事発生、中国も教訓に

配信日時:2019年9月11日(水) 18時50分
画像ID 
 日本では先日、日産自動車の西川廣人社長が不正に報酬を受け取っていた問題が発覚し、本人が今月16日付で辞任することを発表しました。日産自動車では、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告に続き、再びトップが降板する事態となりました。

 振り返ってみれば、日産以外にも、欠陥エアバッグを製造販売して史上最大規模のリコールを行ったタカタ、燃費試験の不正が発覚した三菱自動車、無資格者による完成検査問題が出たスズキ、データ改ざんをした神戸製鋼など、日本を代表する大手企業によるスキャンダルがここ数年で続出しています。

 その背景について、ある研究者は「グローバル化と株式運営が関係している」と指摘します。グローバルな部品調達、組み立て、販売などが進み、価格が大幅に減少していく中で、品質の確保を重んじてきた日本企業はコストパフォーマンスの面で優位性を失いつつあります。また、株式による資金調達を行っているため、顧客よりも利益を優先する株主の側へと経営者が傾くこともあります。厳しい経営環境と市場に直面しながら、少子高齢化に伴う事業員の不足にも悩まされ、企業内でのデータ改ざんや、作業中の手抜き行為などが徐々に出てきたのです。それも、組織ぐるみで行われることも珍しくありません。

 この問題についての批判を受けて、「そもそも日本製品は品質で世界をリードしていた。今になって多少手を抜いても支障はないはずだ」と擁護する声も上がりましたが、そのような筋違いの意見が受け入れられることはないでしょう。品質問題は管理を強化することで改善できますが、企業の汚名を返上し、名誉を挽回するためには、努力することに加えて長い歳月の経過が必要となります。

 改革開放を進めてきた中国企業の多くは、これまで日本を教材として多くの優れた部分を学んできました。しかし、これからは「他山の石以て玉を攻むべし(よその山から出た質の悪い石でも、自分の玉を磨くのに役立てることができる)」という中国のことわざの通り、日本が直面しているボトルネックや問題をも教訓としていく必要があるでしょう。

 そうして、コア技術を磨き、経営管理の最適化を繰り返し、ユニークな企業文化を作り上げて社員のモチベーションと帰属意識を高めることで、企業の長期的な発展と国際的競争力の向上に繋げていくべきです。

 中国はいま、「製造大国」から「製造強国」へとレベルアップすべく、全国が一丸となって歩みを進めています。その中で、隣国の成功と失敗の両方から貪欲に学ぼうとする姿勢を崩さなければ、中国がその目標を実現できる日はそう遠くはないでしょう。

(CRI日本語部評論員)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/09/11 21:13)

    しかも西川はゴーンが逮捕された時あれほどゴーンを悪者扱いしていたクセにゴーンと同じ悪事を働いていた同じ穴の狢と言うよりは完全に同類である、そもそも今の日産の取締役連中はゴーンに媚びへつらって取り立ててもらっただけの腰巾着であり当事者能力のある人はいない、だから前から思っているが西川以下現在の日産の取締役連中は全員クビ(社長の西川は逮捕するべきだろう)で、それこそゴーンの独裁体制の中で優秀で意欲的な人なのに閑職に回されたり子会社へ出向させられた人、同じく辞めさせられた人、同じくゴーンの独裁に嫌気が差して自ら辞めて行った人達に支度金を付けてでも日産に戻って来てもらい1からやり直さないとこの会社の未来は無いだろう、また今の国内向け日産車はお話にならない粗悪品だらけで日産のファンだった人ですら他メーカーに乗り換えている位なので日産関係者と取引先以外は別に日産が無くなってもどうでもいいのだから
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/09/11 21:01)

    恐らくこんな事だろうと思っていた、社長の西川はゴーンと同じく甘い汁だけ吸って自らは責任を取ろうとしないクズである、例えば完成検査不正問題で大騒ぎになっていた時でも他の自動車メーカーは社長や会長が矢面に立って謝罪や釈明をしていたが、ゴーンと西川だけはやれ視察だやれ出張だとか適当な理由を付けて逃げ回り謝罪や釈明を部下に押し付けていた企業トップにあるまじき無責任な卑怯者である、例えばトヨタ自動車社長の豊田章男氏はアメリカでプリウス欠陥車騒動(これは賠償金欲しさとトヨタ自動車の信用を失墜させる為に仕組まれた冤 罪であった)の時は入念な下準備の上で自らアメリカ議会の公聴会に臨んだのとは到底比べ物にならないお粗末ぶりである
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<