Record China

ヘッドライン:

「企業CM起用数を伸ばしたタレント」ランキング、ドラマで大ブレークの俳優ダン・ルンが第1位

配信日時:2019年9月10日(火) 20時30分
拡大
1/6枚
2019年9月9日、今年1~8月の人気タレントの企業CM起用数の伸びを示したデータで、俳優ダン・ルン(●倫、●は「登」におおざと))がランキング第1位に。1980年代生まれから90年代生まれへ、世代交代も顕著になっている。

その他の写真

中国版ツイッターのアカウント「娯楽産業」がまとめたデータを、ニュースサイト大手の新浪(SINA)が報じたもの。今年8月末までの8カ月間で、企業CMへの起用数がどれだけ増えたかを示したこのランキングでは、新たに「adidas」や「BALLY」「BIOTHERM 」など有名ブランドの顔に起用された俳優ダン・ルンが、計11社も増やして第1位となった。

26歳のダン・ルンは、17年にドラマやリアリティー番組を通じて注目され始め、昨年の主演ドラマ「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」や「スイート・ドリームズ~一千零一夜~」で大ブレークを果たしている。

2位は人気ユニットTFBOYSのイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)で、「adidas」など計8社が新たにイメージキャラクターに起用している。3位は同じくTFBOYSのワン・ジュンカイ(王俊凱)で、こちらは「P&G」や「ケンタッキー」など計7社となった。

ランキングで女性トップとなったのは、4位に登場したヤン・チャオユエ(楊超越)。昨年、韓国のオーディション番組「Produce101」の中国版で大ブレークした21歳のシンデレラガールで、6社から新たにラブコールを送られている。なお、4位には7人がひしめき合っており、上位10人のうち女性はヤン・チャオユエと、近年は活躍がめざましいウイグル族出身の美人女優ディリラバ(迪麗熱巴)の2人だけだった。

また、同ランキングでは1980年代生まれから90年代生まれへと、世代交代も顕著になっている。上位10人のうち80年代生まれは、88年生まれの俳優チュー・イーロン(朱一龍)ただ1人となった。(Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング