トランプ大統領が日韓に不満?「彼らは感謝しない」―中国メディア

Record China    2019年9月6日(金) 12時50分

拡大

5日、観察者網は、米国のトランプ大統領が記者団に対し、同盟国である日本や韓国に対し「彼らはわれわれに感謝すべきだ」と発言したことを報じた。

2019年9月5日、観察者網によると、米国のトランプ大統領が記者団に対し、同盟国である日本や韓国の名前を挙げた上で、「彼らはわれわれに感謝すべきだ」と発言した。

記事は、韓国・聯合ニュースの5日付報道を引用。トランプ大統領が4日にホワイトハウスで記者団に対し、「米国には多くの強い盟友がいて、われわれは彼らに多くの支援をしてきた」「われわれは多くの費用を費やして日本、韓国、フィリピンを助けてきた」と語った事を紹介した。

そして、「その後、トランプ氏は態度を変え、米国が得ているリターンがとても少ないと発言した」とし、同大統領が続けて「われわれは多くの費用を払って多くの人を助けてきたが、多くの場合において、これらの人たちはわれわれに何もしてくれていない。われわれは世界の多くの人を助けているのに、彼らは心から感謝していない」「わが国にはこれまで彼らに感謝を求める指導者はいなかった。しかし、彼らはわが国に感謝しなければならない」と発言したことを紹介している。

これについて聯合ニュースは、「この発言が出た背景には米韓両国による在韓米軍の費用分担延長に関する議論が間もなく開始されることがあり、トランプ氏が韓国に対し費用負担比率を高めるよう意図して圧力をかけた」と分析している。

トランプ大統領の発言について、中国メディアの一部メディアは「トランプ氏は日韓が感謝しないことに不満」と伝えている。中国のネットユーザーは「70億ドル(約7500億円)の農業市場を開放させた上に安倍首相にありがとうと言わせるとは……」「この人は口を開けばお金のことばかり」「この人が当選したこと自体がジョークだから」などといった感想を残している。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携