Record China

ヘッドライン:

固体燃料ロケット「快舟1号」で複数衛星の打ち上げに成功―中国

配信日時:2019年9月1日(日) 14時10分
拡大
内モンゴル自治区西部にある酒泉衛星発射センターで8月31日、固体燃料ロケットの「快舟1号甲」の打ち上げが実施された。搭載していた衛星2基が軌道に投入されるなど、打ち上げは成功した(写真)。

内モンゴル自治区西部にある酒泉衛星発射センターで2019年8月31日、固体燃料ロケットの「快舟1号甲」の打ち上げが実施された。搭載していた衛星2基が軌道に投入されるなど、打ち上げは成功した。中国の科学技術情報サイトの快科技などが同日付で報じた。

「快舟1号」は4段式衛星打ち上げロケットで、全長は20メートルで最大直径は1.4メートル。1~3段目は固体燃料ロケット、4段目は液体燃料ロケットを用いている。

初打ち上げは13年で、14年、17年、18年にも打ち上げられた。17年の3回目の打ち上げからは「快舟1号甲」と呼ばれる改良型が用いられている。このたびの打ち上げでも、「快舟1号甲」が使われた。「快舟1号」シリーズは過去5回の打ち上げにいずれも成功。1回の打ち上げで衛星2基を軌道に投入したのは17年と今回の2回だ。

このたびの打ち上げでは、微重力技術衛星実験と瀟湘1号07衛星の2基に投入された。瀟湘1号は商業目的の宇宙開発を手掛ける企業の天儀研究院が開発した、化学実験を行う目的の小型衛星。

なお、酒泉衛星発射センターは最寄りの都市である甘粛省酒泉にちなんで命名されたが、所在地は内モンゴル自治区西端のアルシャー地区内。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

長征3Aロケットが100回目の打ち上げ=単一シリーズとして中国初、年間打ち上げ累計は米国抜き世界一

西昌衛星発射センターで20日に打ち上げられた長征3号Bが搭載していた北斗3号衛星の予定の軌道への投入に成功、長征3号シリーズの打ち上げ回数は中国最多の100回に達した。中国の衛星打ち上げ回数は2018年、米国を抜き世界最多だった。写真は長征3号B。

Record China
2019年4月22日 22時40分
続きを読む

中国が有人月探査に一歩…開発目指す長征9号用・新型500トンクラスのロケットエンジン試験に成功

中国航天科技集団で推進技術を研究開発する同集団第六研究院は、有人月探査に利用することを念頭に置いた長征9号(CZ-9)の第1段に使用する推力500トンクラスのロケットエンジンの試験に成功した。写真は内モンゴル自治区西部にある酒泉衛星発射センター。

Record China
2019年3月27日 21時40分
続きを読む

ランキング