【CRI時評】フェデックスの法のかいくぐりは必ず厳罰に

配信日時:2019年8月19日(月) 10時45分
【CRI時評】フェデックスの法のかいくぐりは必ず厳罰に
画像ID  1118199
 福建省福州市警察は最近、福建のあるスポーツ用品企業が受け取った、フェデックスが運搬した米国のあるユーザーからの宅配便の包みの中に銃が入っていたとの通報を受けた。これはフェデックスに対する中国の関係当局による法に基づいた立件調査以降、再び発見された厳重な違法行為だ。 中国は銃器つ...
 福建省福州市警察は最近、福建のあるスポーツ用品企業が受け取った、フェデックスが運搬した米国のあるユーザーからの宅配便の包みの中に銃が入っていたとの通報を受けた。これはフェデックスに対する中国の関係当局による法に基づいた立件調査以降、再び発見された厳重な違法行為だ。

その他の写真

 中国は銃器ついては厳格に管理するという原則に従っており、「中華人民共和国銃刀管理法」に違反して銃器の無許可製造、売買、または運搬を行った場合は、法に基づいて刑事責任を追求する。

 フェデックスは30数年前に中国業務を開始し、中国の法律法規に精通し、業界の規範を遵守すべきだが、今年5月に米国政府がファーウェイを輸出管理の「エンティティ・リスト」に載せて以降、フェデックスは再三再四ファーウェイ向けの宅配便に小細工を施しており、意図的に米国政府の「ロング・アーム管轄権」に協力しているのではないかと疑わざるを得ない。

 フェデックスが中国の関係当局による立件調査中に違法に銃器を中国国内に持ち込んだことは、米国宅配業者の盟主として、フェデックスがユーザーの正当な権利を著しく損ない、中国の公共の安全を深刻な危険にさらし、中国の法律法規に違反することが決して偶然に起きた業務上のミスではなく、法を知りながら、わざと法を犯す確信犯にほかならないことを改めて証明している。現在、福州警察はすでにフェデックスが違法に運搬した銃器を差し押さえ、立件して調査中だ。フェデックスはこの件に関する調査に協力し、深く反省し、中国国民に説明をしなければならない。

 現在、中国にはすでに「信用できないエンティティ・リスト」制度が設けられており、リストに載せられた実体に対しては必要なら法律上、行政上のいかなる措置も講じる。外資企業が中国市場で発展のチャンスをつかもうと思うなら、必ず法律法規を遵守して経営しなければならない。中国の法律、法規の権威をないがしろにし、挑戦するいかなる行為も、必ず代価を払うことになるだろう。(CRI論説員)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/08/19 21:22)

    >中国は銃器ついては厳格に管理するという原則に従っており 中国で銃器を持っていいのは、警官と人民解放軍だけと言うわけだ。江戸時代の〈刀狩り〉と同じである。鋤(すき)や鍬(くわ)で銃と戦っても勝てるはずがない。中国で百姓一揆が起きないのは武器の優劣のためであろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事