Record China

ヘッドライン:

52階で239メートル!上海の最高層書店がオープン―中国

配信日時:2019年8月15日(木) 1時0分
拡大
1/8枚
2019年8月12日午後、海抜239メートルという「魔都上海で最も高い場所にある書店」の朶雲書院・上海フラッグシップ店がついにオープンした。売り場面積2200平方メートルになる上海市内の超大型の「秘境」のような空間で、空高く無限の広がりをみせる南北を望むテラス、黄浦江両岸の景色、雰囲気のある閲覧コーナー、目新しい文化・クリエーティブ製品などを楽しめる。

その他の写真

同書店は「中国一高いビル」の上海センタービルの52階にあり、世界で最も高い場所にある書店だ。52階から外を眺めると、本当に雲の間にいるような感覚になる。

同書店のエントランス部分は幽遠な世界の小道を歩くように本棚が配置され、どこまでも続く本の洞窟の中を進むと、不思議な感じを体験できる。地上200メートルの高さで本の森に迷い込んだような感じがする。

書店の総合設計は建築家の兪挺氏が担当し、設計のテーマは「山水・秘境」。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本各地に続々誕生する「新・中華街」―華字紙

31日、日本の華字紙・中文導報はこのほど、「在日中国人の存在感が強まる中、日本各地には、従来の中華街以外に、新たな『中華街』の原形ともいえる街が次々と姿を現すようになっている」と報じている。写真は池袋北口の中国食品店。

Record China
2019年8月2日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング