Record China

ヘッドライン:

台湾で予定のフィギュアスケート国際大会、急きょ中国開催に変更―中国メディア

配信日時:2019年7月24日(水) 20時40分
拡大
24日、中国のニュースサイトの観察者網は、「台湾がフィギュアスケートの国際大会の開催権を一時的に取り消され、開催地は中国の東莞に変更になった」と報じた。資料写真。

2019年7月24日、中国のニュースサイトの観察者網は、「台湾がフィギュアスケートの国際大会の開催権を一時的に取り消され、開催地は中国の東莞に変更になった」と報じた。

フィギュアスケートの国際大会「チャレンジャーシリーズ アジアンクラシックオープン」は10月30日~11月3日に台湾の台北で開催される予定だった。

台湾・中央通信社によると、台湾スケート連盟は23日、国際スケート連盟(ISU)から開催地を中国広東省の東莞に変更するという通知が22日に届いたことを明らかにした。

通知では、変更の理由として、「国際情勢に関連して、台湾は現在、国際大会を開催するのにふさわしくないため、ISU理事会で取り消しが決まった」などとしているという。

観察者網は、「台湾の緑(民進党)寄りメディアの自由時報などは、中国の圧力が背景にあると指摘している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

台湾「武力解放」の可能性、中国報道官は否定せず

中国政府で台湾問題を所管する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は12日に開催された同弁公室の記者会見で、台湾の「武力解放」を否定せず、「われわれ一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べた。

Record China
2019年6月13日 9時40分
続きを読む

台北故宮の所蔵品、東京五輪に合わせて日本で展示か=中国報道官「『脱中国化』は望ましくない」

中国国務院台湾事務弁公室の安峰山報道官は27日、台湾台北市の国立故宮博物院の所蔵品が東京五輪が開催される2020年に日本で展示される計画があることについて、「いかなる『脱中国化』行為も石を持ち上げて自分の足を打つことになるだけだ」と述べた。

Record China
2019年3月27日 19時40分
続きを読む

ランキング