安倍首相は韓国を見逃す?「日韓関係は改善する」と予想できる3つの理由―中国メディア

配信日時:2019年7月24日(水) 7時10分
安倍首相は韓国を見逃す?日韓関係が改善する3つの理由―中国メディア
画像ID  1111363
中国メディアの観察者網は23日、「参院選が望み通りに、安倍首相は韓国を見逃すのか」と題する記事を掲載した。資料写真。
中国メディアの観察者網は23日、「参院選が望み通りに、安倍首相は韓国を見逃すのか」と題する記事を掲載した。著者は中国国際問題研究院発展途上国研究所の姚錦祥(ヤオ・ジンシアン)助研究員。

姚氏は21日の参院選について、「令和初の国政選挙ということで注目を集めたが、結果に意外さはなかった。連立与党が議席をわずかに減らしながらも過半数(141議席)を確保。依然として自民党と“安倍一強”の政治状況は変わることはなかった」と述べた。また、「“安定政治”が国民の人気を勝ち得た」「野党分断がさらに進む」「3分の2には達しなかったが改憲勢力は依然として有望」などと解説する一方、今後の日韓関係についても展望した。

姚氏は「各政党の“対韓政策”も今回の選挙の焦点となった。国民の対韓感情を動かすことも、自民党の重要な選挙戦略の一つだった」とし、「実際、野党各党は多かれ少なかれ政府の対韓貿易報復措置に対して批判的な姿勢を示した。その主な論点は、『日韓の政治的な紛争を貿易という手段で解決すべきではない』というもので、自由貿易を提唱する日本のイメージを傷つけるばかりでなく、危険な民族主義の風潮をあおることになるとの懸念を訴えた。このため、野党には『親韓』のレッテルが貼られ、選挙戦で批判の矛先が向けられた」と論じた。

一方で、「選挙が終わった今、安倍首相は頑なに対韓経済制裁を維持し続ける意義はない」とも指摘。「日本の国際的なイメージを損なうばかりか、日本企業や東アジアのサプライチェーンにも影響を及ぼすことになる」とし、「日本は徐々に韓国に対する対抗政策を捨て、現実主義的な外交に回帰するだろう」と述べた。

姚氏はその背景として、「韓国経済は短期間に比較的大きなダメージを受け、すでに韓国を“しかる”という目的は達した」「米国がすでに日韓の貿易紛争の仲介に当たることを表明しており、日本は軟化するしかない」「日韓関係の悪化により日朝関係も悪化しており、拉致問題解決のための日朝会談を早期に実現するため、韓国との緊張関係を緩和する必要がある」という3点を挙げ、「日韓対立のトーンは徐々に下がり、安定した経済、軍事面での協力が戻ってくると予想できる」とした。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/07/27 12:08)

    中国や韓国は面子の国であるから、日本の面子がたてば問題は収まると見ているようだ。しかし日本は面子の国ではなく実利の国であって実利があれば面子には拘らない国である。故に面子を潰されても少々のことでは反撃などしない。日本が反撃するのは、堪忍袋の緒が切れた時である。しかし一旦切れるとそれまで我慢していただけに自分でも抑えられないほどの激情に駆られる。つまり、今回の政府の方針変更は日本の実利、この場合は特に日本の国防に深く関わっていることは間違いない。そして日本の我慢の限界(これ以上の日本への脅威の増大ーー恐らく不正輸出された物資が北の核と化学兵器に使われるーーを許せない)を超える行動を韓国がとっていることが理由であると考えるべきである。したがって韓国は越えてはならない一線を越えてしまったと考えるべきだろう。対韓政策は選挙の争点ではなかった。日本が選挙後になれば規制を緩めるということはないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • コング***** | (2019/07/26 10:44)

    相変わらず上から目線の分析ですねぇ~ 日本人の殆んどは韓国に対する今の対応を緩める事には反対なのが本音でしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/07/25 01:57)

    小沢一郎辺りがさんっざん野党を細切れにしたからなあ。 自民の一番の功労者は小沢一郎なんだよね。 まあ、前の民主政権も自民から日和見で流れてきた極右議員が多かったから、中道左派の従来の野党議員と合わさった時に、これ纏まるんだろうか?とは思ってたし、あの政権で日本が変われなかったら終わるなとも思ったしね。 今はもう、自民がこうして一強になった以上は何やったって日本は衰退していくよ。無駄は減らさない、どころか増えてるし、相変わらずアメの言いなりで各種メジャー企業に都合のいい法律もバンバン通してるし。 水道民営化なんかそのいい例だけど、これをやって外国の企業がライフラインである水道の利権を握った結果、酷い目に遭った国は少なくない。 アメの経済は他国を食い物にして繁栄してきた経済だから、いよいよ日本がしゃぶり尽くされる番になったって事か。その地均しをしてるのが自公政権だって訳で。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事