中独両軍が衛生支援共同訓練 一段と実戦的に

配信日時:2019年7月15日(月) 23時0分
中独両軍が衛生支援共同訓練 一段と実戦的に
画像ID  1109011
「今回の共同訓練はハイライト続きで、終始見事だった。協力形式、組織・実施、内容設計のいずれにおいても称賛に値する点に事欠かなかった」。
「今回の共同訓練はハイライト続きで、終始見事だった。協力形式、組織・実施、内容設計のいずれにおいても称賛に値する点に事欠かなかった」。12日の中独衛生支援共同訓練「共同救援2019」閉幕式で、中央軍事委員会後方支援部衛生局長の陳景元少将は共同訓練を高く評価した。陳氏は「共同訓練は実戦に焦点を合わせ、深く融合・拡大し、両軍の衛生支援の医学救援水準と国際人道救援活動の実行能力を高めるうえで重要な役割を果した」と述べた。新華網が伝えた。

■一段と実戦的に

実戦性が高まったことは、今回の共同訓練の大きな注目点だ。訓練では指揮、技術のいずれにおいても、技術・戦術指標は実際の行動に従い設けられ、全ての行動に基準が求められた。

実戦性は他の面にも示された。例えば、訓練は国連の枠組での国際人道医学救援活動の共同実施を背景に、時代の要請や世界の現実と高度に合致したものだった。「訓練内容を現実の実践と結びつけ、国際人道医学救援を実施する中独の実務的で揺るぎない姿勢と決意を改めて示した」と陳氏は語った。

■全過程で「共同」 深い融合を体現

「協力によって国際人道救援活動の共同実施能力を高めるのは非常に良い方法だ」。中国側総監督を務めた国防大学合同勤務学院合同後方支援系副主任の畢光遠氏によると、今回の共同訓練は内容設計において、指揮、負傷者への応急処置、感染拡大防止、負傷者の移送の4つの「共同」を際立たせ、混合編成部隊を組織し、双方の参加要員が切磋琢磨し、交流し、共同訓練の内包を拡大し、深め、中国と欧州の国との衛生支援部隊の深い融合を初めて実現した。

中国側部隊の陣容にも「共同」が十分に体現された。畢氏によると、衛生支援活動は各方面の要素に関わり、共同指揮がその成敗を決める鍵となる。今回は戦役指揮レベルで多軍種共同と多要素融合を実施し、その連携と着実な行動を確保した。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事