【CRI時評】加盟国・地域が100に、AIIBの三つの求心力

配信日時:2019年7月14日(日) 14時10分
【CRI時評】加盟国・地域が100に、AIIBの三つの求心力
画像ID  1108822
 アジアインフラ投資銀行(AIIB)は13日、ルクセンブルクでの第4回年次総会で、ベナン、ジブチ、ルワンダのアフリカ3カ国の加盟を承認したと発表した。これによりAIIBのメンバーは100まで増えた。 北京に本部を置くAIIBは、インフラ投資に専念する新型多国間開発銀行だ。2016...
 アジアインフラ投資銀行(AIIB)は13日、ルクセンブルクでの第4回年次総会で、ベナン、ジブチ、ルワンダのアフリカ3カ国の加盟を承認したと発表した。これによりAIIBのメンバーは100まで増えた。

 北京に本部を置くAIIBは、インフラ投資に専念する新型多国間開発銀行だ。2016年の開業時に57カ国・地域だったメンバーは、9回の拡大を経て100まで増えた。メンバーの中心は発展途上国だが、英国やフランス、ドイツ、カナダなどの先進国も加わっている。

 AIIBは、一方では、発展途上国の融資需要を満たし、地元経済の発展を促している。これまでに世界18カ国の46プロジェクトに計85億ドルの融資を行っている。それらは交通やエネルギー、通信、都市開発などさまざまな分野に及び、主にアジアに集中している。またもう一方では、先進国を含むメンバーの投資需要も満たしている。先進国はAIIBを通じてアジアとアフリカのインフラ整備に投資し、それらの国々と経済成長の機会を共有している。

 AIIBは、中国の提唱による国際金融協力の産物であり、中国が世界に提供する国際公共財でもある。AIIBは、他の多国間開発銀行に取って代わる意図はなく、既存の国際メカニズムを補完・改善するだけのものである。その例として、世界銀行と共同で完成させたインドネシア貧困地域の改善プロジェクトがある。57だったメンバーが100まで増加したことは、AIIBの発展の歩みにおける一つの節目だ。AIIBは引き続き、高い基準で運営され、アジアと世界の経済成長を促し、世界経済ガバナンスに新たなそしてより大きな貢献をすることが期待されている。(CRI論説員)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Gak***** | (2019/07/14 14:51)

    ベナンにジブチ、ルワンダか。 亜細亜のインフラなんかに投資する余裕がある国々、とは思えないな…大方、各国内でのインフラ整備協力の見返りとして、中国に参加を強要されたんじゃないのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/07/14 14:23)

    いくら加盟国が増えようと日本とアメリカに無視されれば、いずれ資金難で破綻することは確実である。日本でもバブルの時代に高配当低リスクで加入者を募集した投資グループがあったが、すべて倒産して代表者は自殺か出資者に殺害されるかしている。日本はこんな未来のない銀行に関わってはいけない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事