「限韓令」に続き「限美令」本格化?映画「アベンジャーズ」もあっさり退場の謎

配信日時:2019年7月14日(日) 19時0分
「限韓令」に続き「限美令」本格化?
画像ID  1108787
13日、米政府による中国からの輸入品への関税引き上げによって、今年5月から動きを見せ始めた米国の製品やコンテンツを締め出す「限美令」が今後加速する可能性が高いとみられている。
2019年7月13日、米政府による中国からの輸入品への関税引き上げによって、今年5月から動きを見せ始めた米国の製品やコンテンツを締め出す「限美令(米国は中国語で「美国」)」が今後加速する可能性が高いとみられている。

その他の写真

米政府は今年5月10日、中国からの2000億ドル(約21兆5780億円)相当の輸入品に対する関税率を、現行の10%から25%に引き上げた。この影響からか、同19日にオンエア予定だったドラマ「帯著爸爸去留学」は急きょ放送延期に。同ドラマは米国ロケが全体の9割に達し、米国で実際にあった事件や時事問題も盛り込んでおり、その「親米」な内容が問題視されたのではないかとみられている。

中国では16年、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐり、韓国製品や韓流コンテンツを締め出す「限韓令」がスタート。その影響は今も続いている。だが今度は、米中貿易摩擦の影響によって「限美令」が本格的にスタートし、加速化する可能性が高いとのうわさも大きくなっている。

「限美令」の予兆は「帯著爸爸去留学」だけでなく、中国で今春大ヒットした米映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にも見られる。中国だけで興行収入40億元(約630億円)超えを実現した同作だが、空前の大ヒットにもかかわらず、公開期間が延長されずに上映終了したためだ。なお、「アベンジャーズ」シリーズで延長されなかったのは同作が初めて。6月には「アラジン」や「名探偵ピカチュウ」などが予定通り封切られたものの、7月以降にどんな動きが見られるのかは予測できない状況となっている。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事