“日本旅行自粛”も国内旅行には行きたくない?韓国国民の葛藤

配信日時:2019年7月22日(月) 20時50分
“日本旅行自粛”も国内旅行には行きたくない?韓国国民の葛藤
画像ID  1106963
18日、韓国・聯合ニュースは、日本旅行自粛ムードが漂う韓国で「国内旅行の慢性的問題を改善しよう」との声が上がっている。写真は韓国。
2019年7月18日、韓国・聯合ニュースによると、夏休みシーズンを迎えた韓国では、日本の輸出規制措置に対する反感から「日本旅行を自粛しよう」という動きが広がっている。そのため国内旅行に目を向ける人も増えているが、一部からは「国内旅行はあまり気乗りしない」という声も出ており、SNS上には「今回を国内旅行業界の慢性的な問題を改善する契機にすべき」と主張する声が上がっているという。

記事によると、「韓国内旅行が気乗りしない」原因は「ぼったくり(料金)」「不親切な接客」「キャンセル規定」など。各種インターネット掲示板では、さまざまなエピソードとともに不満を訴えるユーザーが相次いでいるという。数カ月前から日本旅行を計画し、キャンセルしようか悩むも結局行くことにしたという20代の会社員のキムさんは、インタビューに対し「(不買運動する人の)顔色が気になるが、コスパの高い日本に行こうと思う」と打ち明けたという。

また記事は、宿泊業の払戻し規定を守るペンションなどの宿泊施設について電話調査(15カ所)したところ「規定を遵守していたのはわずか1カ所だった」とも伝えている。

ただし「日本旅行の不買をきっかけに国内観光業界の問題に対する反省の声が上がり、少しずつ変化の兆しも見えてきた」といい、市や施設の取り組みについても紹介している。

これを受け、韓国のネット上では数多くのコメントが寄せられている。「間違ったことは言ってない。国内旅行はぼったくりが問題」「国内でサービスのいい宿泊施設は1泊5万円くらい。東南アジアは2万円代。日本に行かず、東南アジアと比べても料金やビューの差がある」と韓国内の問題点を指摘する声が上がっている。ただ「目的は日本に行かないこと。東南アジアをはじめ、行くところはたくさんある」と指摘する声も。

その他「旅行は個人の自由だけど、今日本に行ってお金を使ったら、それは君の自由を奪う部分に使われる」「日本旅行自粛、日本商品不買運動もいいけど、私たち一人ひとりが自ら改善・発展していこうとしなければ、何の意味もない」「今回を機に、国内旅行の宿泊施設の質を上げよう」などと警鐘を鳴らすユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ラムス***** | (2019/07/24 11:43)

    そりゃ今、日本旅行したら非国民扱いだからね本当に韓国に産まれて無くて良かったw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/07/23 05:49)

    この際だから北朝鮮観光してあげればいいんじゃない? 北朝鮮も韓国₩を手に入れられるし、貧弱な観光産業が少しは潤う。 しかも半島の外の国は犯罪が減少する。ウィンウィンウィンな関係になれるよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Jen***** | (2019/07/22 23:14)

    「目的は日本に行かないこと。 東南アジアをはじめ、行くところはたくさんある」 すでに、この愚人種は、向かう先々の国で迷惑をかけているが、 今後、日本の代わりに、今以上に、迷惑をこうむる国が増える訳だ。 気の毒に。 こいつ等は、「ジャパンボイコット」が日本経済を圧迫し、 すでに悪影響を及ぼしているとホルホルしてやがるが、 だったらなぜ、日本大使館や領事館の前で連日、 「規制反対」などと朝鮮語で書いたプラカードを挙げて、 しつこく抗議運動をしやがるのか。 今日は、とうとう、6人の醜い大学生が、領事館に侵入までして、 抗議を行いやがったらしいし。 ボイコットが効いているなら、抗議運動は必要なかろう。 こいつ等の見苦しい抗議ぶり(日本製品の箱や旭日旗を踏んづけたり 燃やしたり、治外法権のある日本の建物に侵入したり) を見ていると、真の民度が分かるってもんだよな。 後進国そのものだ。  
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事