Record China

ヘッドライン:

南アフリカ大統領「米国がファーウェイを懲罰する動機は嫉妬」―中国メディア

配信日時:2019年7月7日(日) 18時20分
拡大
2019年7月6日、中国のニュースサイトの環球網によると、南アフリカのラマポーザ大統領はこのほど、米国が第5世代(5G)移動通信規格をめぐり中国の通信機器大手、華為技術ファーウェイを「懲罰」するのは「嫉妬」のためだと述べた。

ラマポーザ大統領は5日、ミッドランドで行われたデジタルエコノミーサミットで、「米国は4Gより1G多い良い未来を想像することができない。彼らは5Gが提供できるものを想像できず、明らかに彼らは嫉妬している」とし、「彼らは、ファーウェイという企業が彼らを追い抜いたことに嫉妬している。そして彼らは追い抜かれてしまったため、その企業を罰しなければならない」と述べた。

また南アフリカ国内の通信企業から「ファーウェイを排除することは、わが国の5G通信網の構築に悪影響を与えるだけでなく、既存の3G通信と4G通信にも支障が出るだろう」とのメッセージが届いたことも明らかにした。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

巨大な中国市場を手放したくない!マイクロンやインテル、政府の輸出規制かいくぐってファーウェイに供給再開―中国メディア

27日、中国紙・環球時報は、米メディアの報道を引用し、米半導体大手のマイクロン・テクノロジーやインテルが政府の輸出規制をかいくぐって中国通信機器大手のファーウェイへの供給を再開したと報じた。資料写真。

Record China
2019年6月27日 18時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング