Record China

ヘッドライン:

日本が半導体材料の輸出規制強化、韓国は米国の調停に期待も門前払いか―米華字メディア

配信日時:2019年7月7日(日) 12時40分
拡大
2019年7月6日、米華字メディアの多維新聞は、日本による半導体材料3品目の対韓輸出規制強化に関連し、「韓国政府は米国の調停を当てにしているが、おそらく門前払いを食うことになるだろう」と報じた。

日本政府は4日、スマートフォンやテレビに使われる半導体などの製造に必要な材料3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)の韓国向け輸出規制を発動した。

多維新聞は、これに関連し、韓国紙・朝鮮日報が6日、「韓国大統領府や韓国政府内から『米国は関係が悪化した韓日間の仲裁者として乗り出すべき』という声が本格的に上がり始めた」と伝えていることを紹介した。

それによると、韓国政府の関係者からは「韓日関係が悪化するたび米国が仲裁者として乗り出し、解決してきた前例に照らしてみると、今回の事態も米国が解決のカギを握っている」との声が上がっているという。

だが朝鮮日報は、「トランプ政権はオバマ政権と違って、韓日間の問題には消極的態度を示してきた」とし、米国務省が今回の問題について「米国は韓国・日本との3者協力を一段と強化することに専念している」と原則論に言及するだけだと伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

半導体材料の輸出厳格化で新局面の日韓関係、「米国の干渉なければ回復しない」と中国メディア

日韓関係は日本側が半導体材料の対韓輸出厳格化に踏み切ったことで新たな局面に入った。中国メディアは「改善の兆しは全く見えない」と論評。「米国の干渉がなければ、日韓関係が速やかに回復することはない」との見方を示した。ソウル

Record China
2019年7月5日 13時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング