「一体あれは何だ!?」訪韓したトランプ大統領が驚いたもの=韓国ネット「さすが」「文大統領も見習って」

Record China    2019年7月2日(火) 18時20分

拡大

1日、韓国・東亜日報によると、米国のドナルド・トランプ大統領が「サムスン電子の半導体生産施設を訪問したい」との考えを示した。写真はサムスン本部。

2019年7月1日、韓国・東亜日報によると、米国のドナルド・トランプ大統領が「サムスン電子の半導体生産施設を訪問したい」との考えを示した。

トランプ大統領は先月30日にソウル市内で開かれた韓国の企業家らとの懇談会で演説した際、前日にヘリコプターで上空からサムスン電子の生産施設を見学したことに言及し「これまで見たものの中で最も大きい建物だった。一体あれは何だ(What the hell is that)と言ってしまうほど驚いた」と感想を述べた。サムスン電子は京畿道平沢市、龍仁市、華城市に大型の半導体事業所を建設し、「半導体クラスター」の形態で運営している。

また、演説ではトランプ大統領が李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に「(生産施設は)何階建てなのか、10階?12階?」と尋ねる場面もあった。さらに「工場を建てる時、普通は一方向に低く造るが、層が上に重なっていた」とし、「私も自ら足を運んでアイデアをもらいたい」とも話したという。

トランプ大統領はその他、韓国最高層ビルの第2ロッテワールドタワーについても「あの高い建物は何なのかと感嘆したのがロッテの建物だった」とし、「あの美しいタワーを建てたことに対し祝いと激励の言葉を伝えたい」と話したという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「さすがトランプ大統領。サムスンをちゃんと見て評価してくれている!」「李在鎔副会長が韓国の大統領になり、トランプ大統領と協力していたら韓国は経済的に大成功しただろうな」「そうした称賛の言葉は文大統領が言うべきなのに」「自国の経済のために努力するトランプ大統領を見て、文大統領は何も思わないだろうか?。ただ北朝鮮のことしか考えていない」「文大統領はトランプ大統領を見習ってほしい。今の韓国政府は国内企業を海外に追い出す政策をしているのだから」「サムスンが本社を移すと言ったら米国は歓迎するだろう。韓国だけがサムスンを嫌っている」など、現政権の政策に対する批判的な声が数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携