緊張感漂う米朝首脳会談、偶然映ったあるシーンに「感動」

Record China    2019年7月1日(月) 21時0分

拡大

1日、韓国・ソウル新聞は「米国、韓国、北朝鮮の首脳による歴史的な対面が行われた板門店で、思いがけない感動のシーンが映し出された」と報じた。写真は板門店。

2019年7月1日、韓国・ソウル新聞は「米国、韓国、北朝鮮の首脳による歴史的な対面が行われた板門店で、思いがけない感動のシーンが映し出された」と報じた。

記事によると、30日に南北軍事境界線にある板門店で行われた3回目の米朝首脳会談は、トランプ大統領の呼び掛けによって突然開催が決まった。そのため現場は段取りがスムーズにいかず、首脳らの安全を守る警備員らにはいつも以上に緊張感が漂っていた。トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が軍事境界線を越えて文在寅(ムン・ジェイン)大統領の待つ場所まで移動する際、警護員らの緊張は特に高まったという。

そうした中、ある取材陣のカメラには、首脳らを取り囲み取材陣に背を向けていた韓国の警護員が、横にいた北朝鮮の警護員と目が合った瞬間に「おお」と驚いた表情を見せる様子が映し出された。韓国の警護員は北朝鮮の警護員の腕を軽くつかむと、すぐに前を向いて業務に戻った。わずか1~2秒の出来事だが、韓国のネットユーザーが「感動的な映画のワンシーンのようだ」としてネット上に公開し、注目を集めているという。

それぞれ文大統領と金委員長の警護を担当している2人は、昨年に3回開催された南北首脳会談で交流があったとみられている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「心温まる姿」「感動した」「映画のテーマによさそう」「そうだ。韓国と北朝鮮は一つになれる」など好意的な声が上がっている。

あるユーザーからは「美しいシーンではなく危険なシーンだ。目が合うのは仕方ないけど、おおと言って手をつかむなんて。1~2秒の間に攻撃されることも十分あり得る」と指摘する声も上がったが、これに対し別のユーザーは「警護は状況や場所、対象によって緊張の度合いが違う。警護という目的を達成することが核心だから。この場合は警護の目的に合う行動であり、警護という目標を妨害しない行動だ!。むしろ全体の警護にとってプラスになる行動といえる」と説明している。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携