貨物船にぶつかり大破の掃海艇「のとじま」、どうして今も木造の船体なのか―中国メディア

配信日時:2019年6月29日(土) 17時30分
貨物船にぶつかり大破の掃海艇「のとじま」、どうして今も木造の船体なのか―中国メディア
画像ID  1104537
新浪軍事は28日、海上自衛隊の掃海艇「のとじま」が瀬戸内海を航行中に日本の貨物船と衝突して大破したことを伝えるとともに「どうして今もなお木造の船体だったのか」とする記事を掲載した。写真は広島・呉の自衛隊。
新浪軍事は2019年6月28日付で、海上自衛隊の掃海艇「のとじま」が瀬戸内海を航行中に日本の貨物船と衝突して大破したことを伝えるとともに「どうして今もなお木造の船体だったのか」とする記事を掲載した。

「のとじま」は27日午前0時ごろ、瀬戸内海を航行中に貨物船と衝突した。新浪軍事掲載の記事は、事故当時に貨物船は空載状態であり、船首の突起(バルバス・バウ)が水面より高い位置にあったため、「のとじま」の船体右側後部に激突して「のとじま」が大破するに至ったと伝えた。

さらに、「のとじま」は、海上自衛隊の「すがしま」型掃海艇の2号艦として1999年に就役しており、長さ54メートル、幅9.4メートル、最大喫水3メートル、満載時排水量は590トンであると紹介。「繊維強化プラスチックの船体は非常にコストがかかるため、『すがしま』型掃海艇は木造の船体を採用している」と解説した。

また、木造の船体は機雷除去の面でメリットがある一方で維持が困難なうえコストがかさむ欠点を持っていると指摘。寿命が短く強度も弱いことから、打撃にあらがう力が弱いと論じ、今回の事故では速度が遅く相手の貨物船のサイズもそこまで大きくなかったために大破止まりだったが、状況によっては沈没していたとの見方を示している。

記事は、事故が発生した瀬戸内海について「毎日大量の船舶が通過するうえに、重要な軍港だった呉港も存在する。行き交う船のサイズは外海を行く船ほどではないが、船はそもそも車両よりも敏しょう性が低い。夜間ともなれば沿岸に数多く明かりがともり、海上にも至るところに船舶が存在する。レーダーシステムの効果も弱まる。それゆえに、比較的小回りの利く中型、小型の船舶でさえ瀬戸内海ではしばしば衝突が起こる」と解説。「それならばいっそのこと、呉港の機能を四国に移してしまってはどうか」と論じた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 三笠***** | (2019/07/03 19:49)

    あれもう20年以上前の掃海艇だろ。 あれが建造された当初は木造の掃海艇が世界的にまだ多かったってことだろ。 技術的により良い素材に更新されたと共に、伝統的な木造船を作れる職人がいなくなったこともある。 それはそれでサンファンバウチスタ号などの歴史的な木造船の修復・復元がより困難になるわけなので非常に寂しくはある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/06/29 20:08)

    さも日本の掃海艇は全部木造船みたいな書き方してるけど えのしま型からはFRP製なんだがね そもそも材質なんてどうでも良いよ、掃海任務を如何にこなすかなんだから あんたらの掃海艇って現級が最初のFRP製だけど掃海具は付いてないし ROVの格納庫に搭載の機雷処分具はフランスの偽物でしょ で前級まで非磁性鋼製を使ってましたよね、しかも掃海は当時も旧式で除去は人の手という前時代的なものでしたよね しかも現役だよね >繊維強化プラスチックの船体は非常にコストがかかるため、『すがしま』型掃海艇は木造の船体を採用している 木造船の最終型のひらしま型は175億円、FRPの最新型のえのしま型は201億円 すがしま型の145億円に比べりゃ高いけどひらしま型からしたらそんなに変わらんよ えのしまは型は殆どひらしま型の構造を木造からFRPに変えただけだから 逆に木材が高騰しているという事も良く分かるんだよ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/06/29 17:36)

    出ましたぞ(笑)、中国韓国お得意の日本の粗探しディスカウント(笑)、自分達が日本に優位に立てるネタが見付かって良かったですね、どうぞ気が済むまで悪口おっしゃいませ(苦笑)
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事