Record China

ヘッドライン:

「千と千尋の神隠し」18年越しの公開、「大人になって初めて意味が分かった」―中国

配信日時:2019年6月26日(水) 22時20分
拡大
中国で大ヒット中のアニメ映画「千と千尋の神隠し」。幼い頃にこの作品を見たという中国の観客からは「大人になって初めて意味が分かった」との声が続出している。資料写真。

中国で大ヒット中のアニメ映画「千と千尋の神隠し」。幼い頃にこの作品を見たという中国の観客からは「大人になって初めて意味が分かった」との声が続出している。

2001年7月に日本で公開された「千と千尋の神隠し」の中国上映がスタートしたのは今月21日のこと。中国のSNS上に25日掲載された文章によると、多くの人から「大人になって作品を改めて見て、初めて意味が分かった」との声が上がったそうだ。

文章は実際に、「子どもの頃は作品が単に好きというだけ。大人になってから見ると涙がこぼれた。人生のどの段階にいても自分を失ってはならないし、自分の人生の一場面にこの作品があったことに感謝している」「子どもの頃に作品を見たけど何を言っているのか分からなかった。成長して、たくさんのことを経験して、世の中には愛が必要ということにようやく気付いた」などの声が寄せられたことを紹介している。

この他、文章はある映画レビューサイトで「カオナシ(同作に登場するキャラクター)はなぜ人気を集めているのか?」が話題になっていることにも言及。「カオナシは孤独でちょっとひねくれ者、でも内心はとても温かいというイメージ。多くの人がカオナシの中に自分の影を見ているのではないだろうか」との回答が多くの支持を集めていると伝えた。(翻訳・編集/野谷

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

日本と中国の「千と千尋の神隠し」、こんな違いが話題に=中国ネット「中国のは見ていられなかった」

24日、中国版ツイッター・微博で、あるアニメファンのアカウントが先日中国でも劇場上映が始まった日本のアニメ映画『千と千尋の神隠し』のアフレコ現場を撮影した映像を紹介すると、中国のネットユーザーからは大きな反響があった。

Record China
2019年6月24日 22時40分
続きを読む

宮崎駿監督の作品は3年後に完成する新作で最後に?=中国ネットは「何年でも待ちます!」「大丈夫。これからもきっと…」

19日、中国メディア・新浪娯楽は、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が北京で初めて劇場上映された際に、プロデューサーの鈴木敏夫氏が中国のファンに宛てたビデオメッセージが流されたことを伝えた。写真は三鷹の森ジブリ美術館。

Record China
2019年6月19日 19時30分
続きを読む

ランキング