Record China

ヘッドライン:

【動画】卓球ジャパンオープン出場の中国ペア、優勝インタビューで「目が点」に―中国メディア

配信日時:2019年6月17日(月) 11時40分
拡大
卓球のワールドツアー、ジャパンオープン荻村杯(札幌)の混合ダブルスで優勝した中国ペアへのインタビューの様子が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で大きな注目を集めている。

15日に行われた決勝で、中国の許●(シュー・シン、●は日へんに斤)と朱雨玲(ジュー・ユーリン)ペアが日本の張本智和・早田ひなペアを破って優勝した。試合後にはコート内でインタビューが行われたが、通訳を行った女性の中国語がつたなかったため、2人は顔を見合わせるなどして困惑の表情を浮かべた。

中国の映像メディア・梨視頻は、「(通訳が)中国語と英語を織り交ぜて話した後、聞き取ることのできない言葉を続け、2人は目が点になった」などと伝え、人民日報は「最終的に、朱雨玲がなんとか質問の意図をくみ取って答えると、横にいた許は責任を回避できて安心したかのように息を吐いた」とその時の状況を説明した。このほか、環球時報、中国日報などのアカウントも映像付きでこの様子を伝えている。

各アカウントの投稿にはそれぞれ数百件のコメントが集まるなど、注目を集めている。ネットユーザーからは「福原愛ちゃん、(通訳を)代わってあげて」「中国語がうまい日本人は、みんな試合に出ちゃってるからな」「隣で試合している(中国語が堪能なことで有名な)石川佳純を呼んできて通訳手伝ってもらえばいいのに」といった声が寄せられたほか、「(インタビュアーと選手が)直接英語でやり取りした方が早いのでは?」という指摘も。一方で、「話す方はだめなのに、選手が言っていることを聞き取っているのがすごい」というユーザーもいた。

このほか、福原愛が現役時代に欧米メディアのインタビューに対し、英中通訳を介して中国語で答えていたことを思い出したというユーザーも散見された。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<卓球>まさかの失態で赤っ恥の中国女王に「前科」あり!2年前、日本選手との対戦で恥ずかしいミス―中国メディア

中国メディアの中国新聞網は24日、卓球の世界選手権女子シングルスの試合でスカート(スコート)をはき忘れた中国の丁寧が、過去にも“恥ずかしいミス”をしでかしていたことを「前科あり!」と題する記事で伝えた。

Record china
2019年4月25日 11時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング