「日韓関係は最悪」の指摘に韓国大統領府が反論「根拠は?」=韓国ネット「誰が見ても最悪でしょ」

配信日時:2019年6月11日(火) 12時40分
「日韓関係は最悪」の指摘に韓国大統領府が反論「根拠は?」=ネットも驚き
画像ID  1098950
7日、韓国・メディアオヌルによると、青瓦台高官関係者が「日韓関係は過去最悪だ」と指摘した記者に対し「同意できない」と反論した。写真は韓国大統領府。
2019年6月7日、韓国・メディアオヌルによると、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)高官関係者が「日韓関係は過去最悪だ」と指摘した記者に対し「同意できない」と反論した。

記事によると、この関係者は記者懇談会の席で、ある記者から「日韓関係は過去最悪の状態だが、関係改善や安倍晋三首相との会談は進行しているのか」との質問を受けた。これについて「日韓関係については、歴史問題に対する一貫した原則を堅持しながら、改善案の策定を進めている。『最悪』という表現を用いていたが、それには同意できない。なぜ最悪なのか。どのような根拠で言ったのか」と返したという。

質問した記者が「政府間の協力が中断されており、きつい言葉が応酬されていることもある。対立が浮き彫りになっているではないか」と指摘すると、関係者は「われわれが日本側の要求全てを受け入れないからといって関係悪化だ、悪化が放置されているなどという論理は受け入れられない」と反発した。

また、「1965年の国交正常化以来、歴史問題などで(両国関係は)順調ではなかった。地政学的問題もあり、前政権でも慰安婦問題があった」「李承晩(イ・スンマン)政権、全斗煥(チョン・ドゥファン)政権でも関係は良くなかった」などと指摘。李明博(イ・ミョンバク)政権では竹島(韓国名:独島)に大統領が上陸したため関係が悪化したことに触れ、「問題は複雑に、幾重にも重なって存在している」「日韓関係は常に難しかった。一挙に解決できる策を提示したことはなく、今この瞬間にも、政府レベルで悩み努力している」などと述べたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「同意しようがしまいが、誰が見ても最悪だ」「自分たちが見たいものしか見ないのか?全国民が日本との関係は最悪だと分かってるのに、根拠を示せだって?国民をばかにしている」「いつも安倍首相の胸ぐらをつかんでるのに、『仲は悪くない』だって?」「青瓦台は自分たちがしたことも覚えてないらしい」などと不満をあらわにしたコメントが寄せられた。

ほかにも、「韓国政府は正しいことを言われても同意したことがない。世論や基本常識とは反対のことばかり主張してきた」「トランプ大統領は日本まで来たのに、なぜそのまま(韓国に寄らず)帰ったと思うのか。今の政権は問題だらけ」「文大統領は経済、外交、安保、全てうまくいっていると診断している。違う国の大統領のようだ」「歴史は歴史で、外交は外交だ。大統領は歴史を問題視するのではなく、外交に力を入れて国の品格を高めなければいけないのに、地下に落とした」など、政権批判のコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/06/11 14:55)

    文は「日韓関係は過去最悪」なことを認めたくないようだ。 であれば、一刻も早く日本が強力な制裁を行って、事実を正しく認識できるようにしてあげよう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/06/11 14:30)

    「1965年の国交正常化以来、歴史問題などで(両国関係は)順調ではなかった。地政学的問題もあり、前政権でも慰・婦問題があった」「李承晩政権、全斗煥政権でも関係は良くなかった」。革新政権は、保守政権や軍事政権を親日と批判してきたのではなかったか。1965条約も軍事政権だから(=親日だから言いたいことも言えず日本に妥協して韓国の国益を害したから)無効と主張してきたのではないのか。問うに落ちず語るに落ちるとはまさにこのことだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2019/06/11 13:37)

    自分たちの理念を貫くために起きたことだからそれに対して国民は耐え忍ぶべきだ。ある意味では間違っていないと思う。 その代表が国のトップにいるのだから当然のことなのだろうね。 自分たちの理念を貫くために命を削る覚悟が必要だと言っているのかもしれない。結果がどうなろうとも・・・ それでいいかどうかは民主主義なのだから国民が決める事。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事