Record China

ヘッドライン:

ユニクロ×KAWSのコラボTシャツ熱狂、中国だけじゃなかった!英国でも長蛇の列=中国ネット「中国は奪い合い、英国は列に並ぶ」

配信日時:2019年6月7日(金) 17時20分
拡大
6日、中国日報の中国版ツイッター・微博アカウントは、ユニクロとKAWSのコラボTシャツフィーバーが中国だけではなく英国でも起きたと報じた。写真は中国のユニクロ。

2019年6月6日、中国日報の中国版ツイッター・微博アカウントは、ユニクロとKAWSのコラボTシャツフィーバーが中国だけではなく英国でも起きたと報じた。

記事は、英国のユニクロ店舗で現地時間6日にユニクロと著名現代アーティスト・KAWSのコラボ製品の発売が始まり、当日はマンチェスター市街の中心部にある店舗で早朝から長蛇の列ができたと伝えた。

また、中国では開店するやいなや客が売場に奪取して商品を奪い合う光景が見られたのに対して、マンチェスターの市民は比較的落ち着いていたと紹介。午前10時の開店後、店員が約10人ずつ順番に案内することで秩序が保たれたとしている。

このフィーバーぶりについて、中国のネットユーザーは「中国では奪い合い、英国ではちゃんと並ぶ……本当に中国人のモラルを育てなければいけない」などのコメントを残した。また奪い合いがニュースとして広く報じられたことに触れ「どうしてわが国はユニクロのためにこんなに無料の宣伝をしてあげるのだろう」といったコメントも見られた。

一方で「中国だって開店前はみんな列に並んでいたのだ」「これはユニクロ側のイベントに対する準備の度合いが中国と英国で違ったことに起因するのではないか」など、中国の消費者を擁護するような意見も出ている。

また「ユニクロの社長は本当にマーケティングの天才だと思う」と舌を巻くユーザーもいた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「奪い合い」はなぜ起きた?若者がユニクロのコラボTを買いたがるロジックを読み解く―中国メディア

中国メディア・新京報は3日、中国で若者が限定品のコラボTシャツを手に入れるためにユニクロに殺到した騒動を受けて、「狂ったように奪い合うのは良くないが、若者がユニクロのコラボTシャツを買いたがるロジックを読み解く必要がある」と題した記事を掲載した。

Record China
2019年6月5日 19時10分
続きを読む

日本長者番付、ユニクロ柳井氏が首位=中国ネット「中国人は日本人の富豪のために少なからぬ貢献をしている」「ユニクロの服は確かにいい」

12日、鳳凰網は、フォーブス・ジャパンが発表した日本の長者番付について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国のユニクロ。

Record China
2019年4月14日 18時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング