ドリンクからハエで営業停止に=中国ネット「どこも同じようなもの」

配信日時:2019年6月3日(月) 15時40分
ドリンクからハエで営業停止に=中国ネット「どこも同じようなもの」
画像ID  1096488
1日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、ドリンクスタンドで購入したドリンクからハエが出てきたため、店が営業停止処分を受けたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年6月1日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、ドリンクスタンドで購入したドリンクからハエが出てきたため、店が営業停止処分を受けたと伝えた。

記事によると、江蘇省蘇州市内のドリンクスタンド「喜茶」園融店で5月29日、フルーツティーを購入した妊娠中の女性が、中にハエが入っているのを見つけた。「喜茶」の関係者は、監視カメラの映像を確認したが、ドリンク製造中にハエが混入したことは確認できず、女性が要求している10倍の賠償には同意できないとした。しかし、市場監督管理局は31日に同店を営業停止処分とし、改善を要求した。

記事は、「『喜茶』では以前にもたびたび衛生問題が発生していた」と指摘。5月26日にはネットユーザーが済南市内の店で購入したドリンクにハエが混入していたと指摘したことや、5月9日にはアモイ市内の店が市場監督管理局の検査に不合格となっていたこと、1月4日には別のネットユーザーが西安市内の店が極めて不衛生で乱雑であることを暴露していたことを伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「1度だけでなく何度も同じような問題が出ているのは誰の責任だ?」「衛生問題が何度も起きているのに、誰かが入院するまで問題は続くのか?」「喜茶だけではない。ドリンクスタンドはどこも同じようなもの」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事