Record China

ヘッドライン:

インスタント麺は日本人が発明したものではない?「中国には100年以上前からある」=麺料理店店主の主張にあきれる中国ネットユーザーたち

配信日時:2019年5月30日(木) 0時20分
拡大
中国の映像メディア・梨視頻は29日、江蘇省蘇州市の麺料理店「裕興記面館」の店主が「インスタント麺を発明したのは日本人ではない」と主張していることを伝えた。写真は両面黄。
(1/4枚)

中国の映像メディア・梨視頻は29日、江蘇省蘇州市の麺料理店「裕興記面館」の店主が「インスタント麺を発明したのは日本人ではない」と主張していることを伝えた。

その他の写真

同店が提供しているのは、「両面黄」と呼ばれる両面を焼いた麺にあんをかけたかた焼きそば。店主の朱建国(ジュー・ジエングオ)さんは「実は『両面黄』には100年余りの歴史がある」「両面を黄金色になるように揚げ焼きにすることから、『両面黄』と呼ばれるようになった」などと語り、誕生の経緯を説明した。その上で、「以前、ある人が私に日本人がインスタント麺を発明したと言ったが、それは違う。(いわゆる)インスタント麺(の歴史)はたかだか40年余り。『両面黄』の歴史は100年余り。これは中国人のインスタント麺だ」と主張した。

インスタント麺は1958年に日清食品創業者の安藤百福が発明したとされており、中国でもその認識が一般的。ネットユーザーからは、「恥ずかしげもなく大ぼら吹くなあ」「昔からある食べ方には違いないが、無理やりインスタント麺と結び付け、日本を踏みつけようとするなんて。どれだけ劣等感を持ってるんだか」「れっきとした蘇州の麺料理を無理やり日本のインスタント麺に寄せる。どうかしてるぜ」「インスタント麺の本質は、どこでもすぐに食べられること。麺を揚げたらインスタント麺ってわけじゃないんだよ…」など、あきれたような声が多数上がった。

一方で、中には「インスタント麺を発明したのは安藤百福。中国台湾省出身」「発明した安藤百福は中国系の日本人」などと指摘するユーザーもいた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング