Record China

ヘッドライン:

中国の最新鋭戦闘機は112機で日本は201機?韓国人の「妄想」が始まったと中国メディア

配信日時:2019年5月31日(金) 0時20分
拡大
28日、新浪軍事は、韓国軍関係者が発表した日中韓3か国の最新鋭戦闘機に関する比較データがずさんなものであるとする記事を掲載した。写真はJ-20。

2019年5月28日、新浪軍事は、韓国軍関係者が発表した日中韓3か国の最新鋭戦闘機に関する比較データがずさんなものであるとする記事を掲載した。

記事は、韓国空軍本部のパク・ギテ戦略企画次長が22日に開かれた学術会議で「韓国は現在60機の最新鋭戦闘機を持っており、2030年までに120機にまで増やすことになっている。しかし同じ時期、中国は112機から427機に増えて韓国の3.5倍となり、日本も201機から232機となって韓国の2倍の水準を保つことになる」との見解を示したことを紹介した。

そのうえで「自らと日中両国との空軍戦力の差を認めているように見えるが、データの使い方から韓国人の数学的な問題が露呈した」と評している。

そして「韓国の最新鋭戦闘機はF-15K60機のほかにもF-16C/Dが180機前後あり、計240機程度だ。一方、中国の第4、第4.5戦闘機は112機ではない。ロシアから導入したスホイ戦闘機だけで200機近くあり、これにJ-10、11、16シリーズの1200機余りを加えれば、その規模は韓国の7倍前後になる」と論じた。

また、比較している内容が単に「最新鋭戦闘機の機数」にとどまっており、各戦闘機の能力や実際の稼働能力について全く考慮していないと指摘。その例として、韓国のF-15Kは部品不足により60機所有するうちの30機程度しか使うことができないことを挙げ、「これらの要素を考えれば中国との戦闘機の規模における格差はさらに拡大する」としている。

さらに、将来的な最先端戦闘機の保有規模は「想像もつかないほど」にまで広がると予測。「韓国は高額なF-35戦闘機を最終的に60機にまで増やす財力があるか不透明な状況であり、仮に増やせたとしても、それまでに中国はJ-20を500機前後生産しているだろう。別機種も合わせると中国の第5世代ステルス戦闘機は1500機規模となり、韓国の20倍以上に到達する」との分析を示した。

記事は最後に「このように、韓国人の数学ははっきり言ってめちゃくちゃであり、簡単な加減乗除もできない。これは数学教師の責任ではなく、韓国人の『妄想症』の結果なのである」と厳しく論じている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング