Record China

ヘッドライン:

37年間使用してきた名字は間違っていた!農民が集団改姓―中国メディア

配信日時:2019年5月30日(木) 21時10分
拡大
26日、環球網は、山東省済寧市で、農民が集団改姓したと伝えた。資料写真。

2019年5月26日、環球網は、山東省済寧市で、多くの農民が集団改姓したと伝えた。

記事によると、山東省済寧市唐口街道韮菜姜村には、600年前から「戴」氏一族が住んでいるが、37年前の戸籍統計の際、一部の作業員が作業を簡単に済ますため、「戴」の姓を「代」と勝手に書き換えてしまったという。「戴」と「代」は中国語では発音が同じであるためだろう。

異なる時期に異なる担当者が統計作業を行ったため、親子間や兄弟間で姓が異なるという現象となり、村民に少なからぬ面倒を引き起こしていたという。このため、このたび済寧市中公安分局唐口派出所が韮菜姜村からの改姓申請を受け取り、5日間で45人の村民の姓を変更した。

改姓した農民の1人である戴興漢(ダイ・シンハン)さんは、21日に警察から新たな戸籍簿を受け取った。1930年生まれの載さんは、先祖代々「載」の姓だったが、37年前の人口統計の際に「代」へと書き換えられてしまったという。載さんは「当時はみんな教育レベルが低かった。当時、私にはすでに孫がいたが、息子も孫もみんな『代』に変えられてしまった」と語った。先祖代々の姓が変わってしまったことは受け入れ難いことだったとも述べている。

載さんは、これまで何度も改姓を考えたというが、手続きが面倒だと言われ、なかなか実行できなかったという。今回、一番小さな7歳の玄孫も含めて5世代が一度に改姓できたことで、警察にとても感謝しているとも語った。

警察によると、正式な改姓手続きでは、処理に時間がかかりDNA鑑定も必要だが、今回は特殊な事情であることを考慮して手続きを簡素化し、わずか5日間で45人の改姓を行うことができたと記事は紹介した。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

犬に付けた名前が原因で10日間の行政拘留処分に―中国

14日、中国でこのほど、SNS上に繰り返し「犬に『城管』や『協管』と名付けた」などと書き込んだ男性が、騒動挑発に当たるとして、治安管理処罰法に基づき10日間の行政拘留処分を下された。写真は違法露天の取締りをする北京の「城管」。

Record China
2019年5月16日 23時0分
続きを読む

ランキング