同性愛を演じたレイニー・ヤンも祝福!同性婚スタートを祝ってレズビアン映画の上映会

配信日時:2019年5月25日(土) 19時0分
レイニー・ヤンも祝福!同性婚スタートを祝うレズビアン映画の上映会
画像ID  1094428
23日、同性の婚姻受け付けがスタートするのを前に、台北市で映画「Tattoo-刺青」の上映会が行われ、主演のレイニー・ヤンが同性カップルたちへ祝福の声を届けている。
2019年5月23日、同性の婚姻受け付けがスタートするのを前に、台北市で映画「Tattoo-刺青」の上映会が行われ、主演のレイニー・ヤン(楊丞琳)が同性カップルたちへ祝福の声を届けている。

その他の写真

アジアで初めて同性婚が合法化された台湾では24日から、同性カップルの婚姻届の受け付けがスタート。歴史的な日を迎える前夜の23日、台北市内で映画「Tattoo-刺青」の上映会が開催された。

「Tattoo-刺青」は女性監督ゼロ・チョウ(周美玲)の作品で、2007年のベルリン国際映画祭でLGBT(性的少数者)をテーマにした作品に贈られるテディ賞を受賞。人気アイドルのレイニー・ヤン、当時は香港の新人女優だったイザベラ・リョン(梁洛施)が主演している。

翌日に入籍を控えたカップルたちも多く鑑賞した上映会では、レイニー・ヤンもビデオメッセージで登場。「結婚できる皆さん、本当におめでとう」と温かい祝福の言葉を贈り、客席からは歓声が上がっていた。

この日の上映では、2007年の劇場公開時にカットされていたレイニー・ヤンとイザベラ・リョンのディープキスなど、きわどい表現の場面も公開。なお、作品を手掛けたゼロ・チョウ監督はこれまでにも、「Tattoo-刺青」や「彷徨う花たち」(漂浪青春)を含む同性愛3部作をはじめ、映画「替身」やドラマ「偽婚男女」などLGBTをテーマにした作品を数多く送り出している。(Mathilda
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事